ほひょの旅

旅行温泉キャンプ大好き新潟県民

スポンサーリンク

廃業した旅館 赤倉温泉「椿荘」

2006年6月14日。新潟県妙高市。

 

赤倉温泉「椿荘」

赤倉温泉は長野県との県境に近い場所に位置します。上信越道妙高高原ICから国道18号そして県道39号を通っていきます。妙高・赤倉は避暑地であり、百名山の妙高山を見ることが出来ます。

 

今回私達が訪れたのは「椿荘」。ここへ来るのは2度目です。最初に来たのは5年ほど前だったでしょうか、私と嫁が出会って間もない頃に来た思い出の場所です。

 

客室は3部屋だけの小さな宿。赤倉温泉観光協会のHPによればこの椿荘は、昭和39年に出版された「日本百名山」の著者深田久弥が滞在し同書を執筆した場所だとか。

 

 

f:id:hohyo:20171118100452j:plain

写真には「和田」と書かれてありますが、これは先代までは「椿荘和田」という名称を使っていたからなのだそうです。

 

右写真が私達が使用した部屋。5年前と何も変わっていないなぁ。窓を開けると木の葉が重なり合う音だけしかしません。それを聞いているだけでとても涼しげな気分になります。本当に癒されます。

 

 

宿のお風呂

f:id:hohyo:20171118100458j:plain

かわいいお風呂ですね。それぞれ男性・女性風呂です。湯の花がたくさん混じった少し熱めのお湯です。

 

 

宿の食事

f:id:hohyo:20171118100507j:plain

お昼のお料理の時間です。

 

ここの料理の特徴は、写真のようにどの料理も小さい器に少ない量という点です。その一方で品数がたくさん。多くの料理を食べて喜んでもらおうというご主人の気配りが本当によく伝わってきます。

 

 

f:id:hohyo:20171118100514j:plain

左写真はホッケ。何でも6月8日の「どっちの料理ショー」で使用された素材だそうです。とっても美味しかった♪10時にチェックインして14時にチェックアウト。美味しい料理と温泉を堪能して料金は一人3千円。素晴らしいです。今度は是非宿泊してみたいと思うのでありました。
 
 

関連記事も見てね

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

スポンサーリンク