ほひょの旅

旅行温泉キャンプ大好き新潟県民

スポンサーリンク

長野県 「大王わさび農場~あづみ野ガラス工房」

大王わさび農場

 2006年3月29日。
 

f:id:hohyo:20170819092707j:plain

 松本ICから北へ向かい、最初の豊科ICで下りて向かった先は「大王わさび農場」。入場は無料です。一面に広がる「わさび田」は初めて見ました。

 

f:id:hohyo:20170819092710j:plain

 そしてここはレストランなども充実。わさび農場なだけにわさびを使ったメニューばかりです。が、レストランでは食事をせずに私たちはテイクアウト工房で、知人に美味しいと薦められた「わさびコロッケ」を食べました。非常に美味しかったです。でもわさびソフトクリームは普通でした。

 

f:id:hohyo:20170819092714j:plain

 ちなみに私たちはわさびマヨネーズも買いました。

 

f:id:hohyo:20170819092718j:plain

 写真は「大王のほこら」です。遥か昔、大和朝廷がたくさんの貢物や無理難題を押し付けて信濃の住民を苦しめていたそうです。そこで立ち上がったのが安曇野の里に住んでいた魏石鬼八面大王(ぎしきはちめんだいおう)坂上田村麻呂率いる軍と果敢に戦ったのですが、結局は命を落としてしまうことに。

 しかしあまりにも強かったので、再び生き返ることのないように大王の体は方々に分けて埋められたそうです。その胴体が埋められていたとされる塚がこの農場の中にあったことから、「大王わさび農場」と名づけられたそうです。この「大王のほこら」は大王が最後に立て篭もった場所なのです。

 

f:id:hohyo:20170819092726j:plain

 写真は「大王の見張り台」。

 

f:id:hohyo:20170819092729j:plain

 写真は「水車小屋」。1989年の黒澤明監督の「」のロケ地にもなった場所なのです。

 

 

あづみ野ガラス工房

f:id:hohyo:20170819092654j:plain

 私たちはここで吹きガラス体験をしました。費用は一人3,150円です。

 

f:id:hohyo:20170819092702j:plain

 説明を聞いたときはとても難しそうで出来るのか心配でしたが、店員さんにうまくリードしていただき、何とかできました。私たち3人全員が吹きガラス体験をして、三つのぐいのみを作りました。

 

f:id:hohyo:20170819092658j:plain

 あ、写真のお兄さんは私ではありませんよ。お店の人です。熱そうだった。

 

スポンサーリンク