ほひょの旅

旅行温泉キャンプ大好き新潟県民

スポンサーリンク

旅行中の運転で徹底すべきことはただ1つ「車間距離を保つのみ」

 旅行で公共交通機関を使うことが全くない私たちにとって、旅行手段はほぼ車です。その車での移動中もまた旅です。旅は楽しくなければいけません。その旅を楽しくするために、私が旅行中の運転で徹底していることが1つあります。

  

  

それは…

 

   

車間距離を一定に保つ

 

 

これだけです。徹底してこれを守っています。当たり前のことなのですが、これが出来ていない人がかなりいます。

   

 

車間距離を詰める人は、自身の運転技術の過信からくるのでしょうか。また、 

 

「遅い車=下手くそ」

「速い車=上手」 

 

と、勘違いしているのでしょうか。本当に運転の上手な人は、周りに迷惑をかけない、威圧感を与えない運転ができる人。すなわち車間距離を一定に保つことの出来る人です。私もそうありたいと思い、車間距離をあけて運転しているドライバーの一人です。

 

   

どんなことがあっても、決して前の車をあおらない

f:id:hohyo:20171013102800j:plain

車間距離を詰める行為である「あおり」は、1車線しかない道路でたとえ前の車が遅いからといっても私は絶対にやりません。仮にあおったとしても、前の車の速度が速まることは経験上まずありません。 

 

であれば、あおる行為は不毛です。追突する可能性を高まらせるだけです。あおる側、あおられる側お互いが不快な気持ちになり、せっかくの楽しい旅行も台無しになります。あおられている側が気づいていない場合も多いと思います。 

   

あおりによるトラブルも避けたいです。前方のあおられた車が頭にきてさらに速度を下げたりだとか、時にはあおられた車から人が降りてきて口論になったり、喧嘩になったり…全くいいことがありません。 

 

もし前方に遅い車がいた場合、「何か大切なものを運んでいるのかな」とか「具合でも悪いのかな」というふうに考えてみましょう。イライラする気持ちはなくなり、あおることもなくなります。かといってずっとその車の後ろをずっとついていくのがストレスに感じるのならば、コンビニに寄って休憩するほうがいいです。 

 

私がよくやるのが(十分に車を停める場所が確保された)道の脇に車を一旦停車して1分くらいしてから再度出発する方法。イライラするよりよほど気分転換になります。 

 

そういえばあおられたことで後ろの車を先に行かせるために停車し、本来なら行くはずのなかった鬼怒川温泉の秘宝殿に行ったことがありました。

www.hohyoblog.com

  
遅い車の中には後続車のことを何とも思っていないマイペースな人もいるでしょう。しかし事情があって速度を上げられない人がいるのも事実です。過去に犯した交通事故などが原因でスピードを出せない人や、衝撃を与えてはいけない荷物を積んでいるがために遅く走っている人も実際います。 

 

色んな人がいます。道路は自分だけのものではありません。お互い尊重しあって、譲り合って運転したいものです。 

 

ただ、携帯電話を見ながら運転して遅い人は問題外。とんでもない人ですが、こういう人の後ろをあおるのはかなり危険なのでなおさらあおってはいけません。

   

 

後ろの車に車間距離をつめられたら即座に道を譲る

f:id:hohyo:20171013101827j:plain

「前方の車間距離は自分でコントロールできるけど、後ろからあおられた場合は無理」と思うかもしれません。実際ほとんどありませんが、片側一車線の高速道路であおられるともうどうしようもありません。 

 

しかし一部の例外を除けば、後ろの車間距離も自分でコントロール出来る場合もあります。それは車間距離をつめられた時は道の左側に寄り、道を譲ることです。 

 

法定速度で走っていても、もしくは法定速度より10キロほどオーバーして走っていても、車間距離をつめてくる人は残念ながらいます。 

 

大概が頭の悪い人たちなので危険です。ですが中には家族が危篤で速く病院に行かなければいけないから、という理由でやむなく速いスピードで運転している人もいるかもしれません。 

 

他にも様々な理由で急いでいる人もいます。 

 

私の父親は、私が生まれたというのを電話で聞いて、車で急いで行ったら速度違反で警察に捕まりました。  

  

速く走らざるを得ない人の事情がわかっていたら、いかに法律とはいえ「法定速度を守りなさい」とは、なかなか言えません。だからもし後ろから車が猛スピードで近づいてきて、ガンガンあおるようなことがあれば、ここも「この人何かの理由で急いでいるんだな」とプラスに考えてさっさと車を左側に寄せて道を譲るべきです。 

 

とは言ってもあおる人は大概が車間距離を詰めずにはいられない人たち。私の周りにもいます。そういう性格なんですね。どうしようもない人達ですが、もしそんな人達に万が一後ろから衝突でもされたらやっぱり楽しい旅行が台無しです。  

 

またあおるのは最低の行為ですが、明らかに遅いスピードで運転し、後続車がつまっているのに平気な人もどうかと思います。運転中は前方のみならず、後方や左右を常に注意しながら運転すべきです。 

 

遅く運転したい気持ちもわかります。ですが、他人を巻き添えにしてまでとろとろと遅く走るのはいかがなものかと。後ろから速い車が来たら即座に道を譲るのも大人の礼儀。速い車に道を譲ったら、再度ゆっくり運転すればいいのです。 

   

またそもそも車間距離を詰めているという感覚がない人もいます。そういう時もさっさと道を譲りましょう。 

 

旅は楽しくなければいけませんから。

   

 

高速道路はレース会場ではない

高速道路の追越車線で、前が詰まっているのがわかっているのに猛スピードで前方の車に迫り、ブレーキを踏む人が結構います。頭が悪いと思われるのでやめましょう。大変危険です。高速道路はサーキット場ではありませんから。見ていて本当に痛いです。 

 

基本渋滞でもない限り、普通に車間距離を保っていれば高速道路でブレーキを踏むことはまずありません。例えば新潟から練馬ICまで、料金所と休憩以外でブレーキはほとんど踏むことはないです。車間距離を一定に保っているため、踏む必要がないからです。 

 

ブレーキを踏むなということではありません。余計なブレーキは踏まないほうがいいに決まってますよね。疲労度が全然違ってきます。

 

   

追い越しは慎重に

遅い車が前方にいた場合は車を道の脇に停めるのが私のやり方ですが、見通しのいい道路であれば、遅い車をさっさと追い越していくのもアリです。 

 

ただ数回目撃してますが、追い越そうとしたら遅い車が嫌がらせをしてスピードを上げていたことがありました。あれはものすごく危険です。ちなみに私はそのようなことをされた経験はありません。  

  

そういえば、自分は高級車なのに軽自動車に追い越されてムカついた、なんてしょうもない理由で事件になった例もありました。 

 

遅く走るのに追い越されるのは嫌という切ない人もいるわけで、追い越しは慎重になるべきです。片側一車線の道路であれば、追い越しは出来ればやらないほうがいいと思います。 

 

それでも追い越すのであれば、散々あおった後に追い越すのではなく、車間距離は一定に保ったまま、ここぞという時にサッと追い越すのが賢いやり方だと思います。

   

 

最後に

他にも旅行中の運転には気をつけなければいけないことはたくさんありますが、上記の「車間距離はつめない」「車間距離をつめられたら即座に道を譲る」の2つを守っていれば、おのずと「スピードの出しすぎ」や、「急加速急発進急ブレーキ」などを予防することが出来ます。 

 

私が道を譲った場合、ハザードでありがとうの合図をする人もいます。こちらも悪い気はしません。ただ譲るということは私が何らかのプレッシャーを感じたわけで、それはあまりいい気はしませんけどね。 

 

「こっちは法定速度で走ってるんだ、なのに後ろからあおりやがって」とか、「もう遅いな~速く行けよ」なんて考えは捨てましょう。大人の考えでいきましょう。 

 

人に例えたら、歩道でゆっくり歩いているお年寄りや松葉杖をついている人を後ろからあおるような行為はしないはず。苦しそうにしながらやっとの思いで歩いている人に対し、「遅いからどけ」とは絶対に言わないはず。 

 

車も同じです。速い車もあれば遅い車もあります。イライラして交通事故を起こすようなことだけはやめましょう。  

 

高級外車はあおらずに軽自動車をあおるとか、車を見て、人を見てあおるあおらないを決めるような行為も最低です。  

 

あおらずにさっと追い越す「追い越し上手」もいいですが、私は「追い越され上手」も大事だと思います。素敵な旅行にするためにも、今後も車間距離は一定に保ち続けたいと思っています。

スポンサーリンク