ほひょの旅

旅行温泉キャンプ大好き新潟県民

スポンサーリンク

新潟県 越後長野温泉「嵐渓荘(らんけいそう)」

 2005年5月31日。

 天気は曇りで雨もパラパラと降ったりもしていました。ちょっぴり不安でしたが、新潟県三条市へ向けて出発しました。

 三条燕ICから国道289号線をそのまま南下。ずっとその289号線を使うのも悪くはないのですが、途中から下田広域農道を使うほうが便利。ほとんど信号がなくていい道です。

 

f:id:hohyo:20170806194423j:plain

 写真は旧下田村の八木ヶ鼻(やぎがはな)です。単に八木鼻と呼ぶ人もいます。このすぐ近くにも「いい湯らてい」という温泉があります。嵐渓荘へ行くには、この八木ヶ鼻付近で県道183号線に入ります。

 

f:id:hohyo:20170806194722j:plain

 八木ヶ鼻を背に県道183号の左側から入ります。駐車場に車をとめて…

 

f:id:hohyo:20170806194727j:plain

 写真の場所を歩いていくと… 嵐渓荘の正面が出てきます。

f:id:hohyo:20170806194731j:plain

 とても落ち着いた雰囲気がいいですね。ここへ来るのは三度目。最初は宿泊し、二度目は日帰り温泉。今回も日帰り温泉です。

 

f:id:hohyo:20170806194734j:plain

 写真では少し見にくいかもしれませんが、ちょうちんに「日本秘湯を守る会」とあります。嵐渓荘はそのメンバーなのです。

 

f:id:hohyo:20170806194738j:plain

 写真は露天風呂。内湯のすぐ脇にあります。ほかにも貸切風呂があります。ここの泉質は「ナトリウム-塩化物冷鉱泉」というもので、しょっぱい味がします。温泉に入ると肌がとてもつるつるしますよ。

 

f:id:hohyo:20170806194744j:plain

 写真は嵐渓荘のすぐ前にあるつり橋。流れる川は守門川といい、この川のすぐ前に嵐渓荘があるのです。

 

スポンサーリンク