ほひょの旅

旅行温泉キャンプ大好き新潟県民

スポンサーリンク

栃木県 中禅寺湖~日光江戸村~鬼怒川秘宝殿

栃木へ出発!

 2004年11月23日。
 
 前日の夜にいきなり決まった栃木への旅行。夜の21時に家を出て関越道沼田IC付近のホテルで一泊し、翌朝日光へという行程です。
 
 長岡JCTで北陸自動車道から関越自動車道に入りました。長岡ICから小出ICまでは新潟県中越地震(2004年10月23日)の影響もあって時速50キロ制限です。しかし雨の日などで50キロに制限されてもその通りに走ったことなど皆無ですから、今回も50キロっていうけどもう復旧は結構済んでるみたいだし大丈夫だろうとスピードを出そうとしたら…
 
 すごい道がうねってます。夜で遠くの状況もまるでつかめず、とてもじゃないですが70キロが限界。斜めになっている看板もたくさんあり、改めて地震のすごさがわかりました。
 

中禅寺湖

f:id:hohyo:20170816191004j:plain

 沼田街道(国道120号)を東へ車を走らせ、その途中に水芭蕉というところで朝食をとりました。朝食は和食・洋食どちらも500円で、私達は和食を食べました。500円という安さにも関わらず非常にボリュームがありおいしい朝食でした。またここでは温泉も入れるそうです。

 しかし気になるのが120号の途中にあった電光掲示板の「金精峠チェーン必要」の文字。普通タイヤが不安で店員さんに聞いてみると…氷点下で路面が凍結することもあるが、まだこの時期であれば雪はないからゆっくり行けば大丈夫とのこと。

 そして金精(こんせい)峠(群馬と栃木の県境)に近づくと…辺り一面銀世界♪ 道路も真っ白です。店員さん、大丈夫だって言ってたのに… 

f:id:hohyo:20170816191007j:plain

 それでも何とか恐る恐る運転して金精(こんせい)峠を脱出し、写真の戦場ヶ原を通過し…

f:id:hohyo:20170816191011j:plain

 写真の中禅寺湖にたどり着くことが出来ました。去年の今頃も日光東照宮・中禅寺湖・戦場ヶ原に観光に来たのですが、その時は雨だったので今日はとても満足です。

 

 

日光江戸村

f:id:hohyo:20170816190402j:plain

 日光江戸村に到着したのは10時。まだ人は少ない感じです。入口付近で強制的に写真を撮られ、気に入れば後で買ってくださいと言われました。

 

f:id:hohyo:20170816190409j:plain

 一応後で見たのですが、どう見ても私の顔が犯罪者の顔だったので買うのをやめました。

 

f:id:hohyo:20170816190414j:plain

 そして日光江戸村の中に入ると、池にはたくさんの鯉がいました。えさを買って鯉にあげると…すごい勢いで集まってきて口をパクパクさせてました。

 

f:id:hohyo:20170816190418j:plain

 ここ日光江戸村では7つの劇場があります。最初に見たのは「日本伝統文化劇場」。ここでは吉原の大臣遊びのお芝居をやります。まずその大臣になる人を観客の中から決めるのですが、元気のいい年配の方が手を挙げ自らやると立候補していました。「ちこう寄れ」とか「苦しゅうない」とか言って頑張ってました。

 

f:id:hohyo:20170816190421j:plain

 次に見たのは大忍者劇場。忍者のチャンバラがあり非常に面白かったです。しかしこの劇場も先ほどのものと同じく30分あり、2つだけでかなり疲れてしまいました。この時点で7つの劇場全てを見るのを断念しました。

 

f:id:hohyo:20170816190424j:plain

 そして写真は「おいらん道中」。新潟県分水町の「おいらん道中」すら見たことがなかったので、ちょっと感動しました。

 

f:id:hohyo:20170816190429j:plain

 ダーツを投げて景品をもらえるコーナーがあったのでやってみました。しかしここは日光江戸村です。ダーツではなく風車でした。投げる時に弥七のように「ご隠居!」と言って投げると真っ直ぐ飛ぶと言われたので、恥ずかしいけど言われた通りにやってみました。その結果…

 

f:id:hohyo:20170816190436j:plain

 見事はずれました。その分さらに恥ずかしかったです。しかも隣のお子様がちゃんと当てて傘をもらってました。うらやましい…

 

f:id:hohyo:20170816190449j:plain

 写真は「忍者怪怪亭」。建物が傾いています。中へ入ると…うおっ、頭がくらくらします。先ほど食べたカツカレーやら焼鳥やら団子やら出そうでした。

 

f:id:hohyo:20170816190454j:plain

 写真は「活動写真の里」のものです。ここで時代劇の撮影などを行うそうです。

 

f:id:hohyo:20170816190459j:plain

 ここは劇場などがある場所に比べ観光客の姿がほとんど見えません。

 

f:id:hohyo:20170816190502j:plain

 ここの存在を知らないのか単にここがつまらないのか… 私は結構楽しめました。

 

 

鬼怒川秘宝殿

f:id:hohyo:20170816190507j:plain

 日光江戸村を15時に出発。121号線を北上し福島を出て新潟へ戻ることにしました。そして鬼怒川温泉街で車を走らせていると後ろから狂ったようにとばしている大型トラックが一台。事故とかになると嫌なので先に行かせました。

 その時に車をとめた場所が…「鬼怒川秘宝殿」でした。有料道路の「龍王峡ライン」を通っていたら来ることはありませんでした。あのトラックがせまってこなければ来ることはありませんでした。

f:id:hohyo:20170816190353j:plain

 …何かの見えないパワーを感じました。

 そしてこの店に入ると先客が4人。かなり酔っ払っております。受付で値切交渉をしております。

 男性4人「ねぇ、負けてよ。団体だしさ。」

 店員さん「うーんわかりました。1,500円を1,200円にしましょう。何人ですか?」

 男性4人「4人…いや、6人だ。」

 どうやら私達も人数に入れられたようです。おかげで私達も600円浮きました♪ でも店員さんには悪いことをしたような…

f:id:hohyo:20170816190357j:plain

 そんな気持ちが消えるのに時間はほとんどかからず、店内はそれほど面白くなかったのです(すみません)。

 

 

福島会津板下へ! そして新潟へ!

 鬼怒川秘宝殿を出た後、そのまま会津西街道(121号・352号重複路線)を北上。その後この道はさらに400号との重複路線になります。国道の重複路線はどこへ行ってもあるのですが、ここのようにきちんと重複路線であることを表記している国道は珍しいです。逆三角形の国道マークが3つも重なっているのは非常に違和感があります。

 その後は国道121号から地方道23号・72号を通り会津板下の国道49号線に出て、磐越道会津板下ICから高速道路に入り、新潟へ戻りました。

スポンサーリンク