ほひょの旅

旅行温泉キャンプ大好き新潟県民

スポンサーリンク

岐阜県 奥飛騨温泉郷福地温泉 「孫九郎」

 2006年9月7日。

 郡上八幡で約5時間ほど観光した私達は、再度東海北陸自動車道郡上八幡ICへ入り、本日お世話になる宿、奥飛騨温泉郷福地温泉「孫九郎」へ向かいました。

 飛騨清見ICで高速を下り、国道158号から国道471号経由で到着。郡上八幡を出発してから約2時間ちょっとかかりました。

 

f:id:hohyo:20170830222833j:plain

 「福地(ふくじ)温泉」は奥飛騨温泉郷の中では宿が13軒と一番小さいのですが、平安時代に村上天皇が療養したことから「天皇泉」とも呼ばれる古い温泉です。

 

f:id:hohyo:20170830221422j:plain

 平家の落武者伝説もある「福地温泉」は、古生代の化石の産地としても全国的に有名だそうです。何でも日本最古の化石が出土したとか。山深いこの地が太古の昔は海の底にあったなんてすごいですね。

 

f:id:hohyo:20170830221425j:plain

 福地温泉は昔は「福来地」と書いたそうです。

 さぁ早速温泉に入ります。露天風呂入口です。

 

f:id:hohyo:20170830221428j:plain

 男性露天風呂は「帝の湯」と呼ばれています。単純温泉だそうですが、二本の源泉を混合した混合泉だそうです(鉄の臭いがします)。

 

f:id:hohyo:20170830221434j:plain

 女性露天風呂は「白帝の湯」。この「孫九郎」のHPを見ると露天風呂のお湯が緑色のにごり湯なのですが、私達が入ったときは透明でした(鉄色の湯花アリ)。話を聞いたら、今年8月26日の落雷の影響で露天風呂に引湯していた源泉を一部差し替えた影響だとか。泉質・効能は全く問題ないとのことでした。

 

f:id:hohyo:20170830221439j:plain

 

f:id:hohyo:20170830221442j:plain

 家族風呂の露天風呂です。

 

f:id:hohyo:20170830221446j:plain

 

f:id:hohyo:20170830222901j:plain

 家族風呂の内風呂です。家族風呂は露天風呂も内風呂も追加料金ナシで内側から鍵をかけて使用することが出来ます。

 

f:id:hohyo:20170830222927j:plain

 写真が内風呂「美人の湯」。ナトリウム炭酸水素塩泉とのことです。露天風呂とは源泉が異なるのですが、私には違いがよくわかりませんでした。

 

f:id:hohyo:20170830221458j:plain

 そして夕食の時間。とても美味しかった~。

 

f:id:hohyo:20170830221501j:plain

 朝食もとても美味しくいただきました。素晴らしかったです。しっかりと全部食べました。

 またここ「福地温泉」の宿に宿泊すると、もう1軒他の宿の露天風呂に無料で入れる「のくとまり手形」をもらうことが出来ます。今回私達は雨が降っていたこともあり、この手形を使いませんでした。「孫九郎」のお風呂だけでも十分に楽しめましたから。

 

 

関連記事

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

スポンサーリンク