ほひょの旅

旅行温泉キャンプ大好き新潟県民

スポンサーリンク

ついにやってきた「伊賀流忍者博物館」~「伊賀上野城」

2008年11月4日。 

 

「伊賀流忍者博物館」にやってきた

f:id:hohyo:20171025214116j:plain

上野公園駐車場に車をとめ、「伊賀流忍者博物館」にやってきました。忍者といえば「伊賀」ですよね。

 

入館料大人700円(中学生までは400円)を支払うと忍者屋敷の中の部屋に案内されます。 

 

この忍者屋敷は伊賀市高山から移築復元された江戸時代後期の屋敷。下忍(げにん)の住まいだったようです。

 

 

f:id:hohyo:20171025214120j:plain

案内された部屋で、忍者服に身をつつんだ写真の人に部屋の様々なカラクリを説明してもらいます。写真が有名な「どんでん返し」です。

 

 

f:id:hohyo:20171025214126j:plain

写真の部屋の中にもカラクリがたくさんありました。子供がとても喜んでいました。

 

 

f:id:hohyo:20171025214147j:plain

カラクリの説明の後、忍者屋敷から地下に向かうと「忍者体験館」に入ります。そこでは「水ぐも」や「手裏剣」などの忍具が展示してありました。

 

 

f:id:hohyo:20171025213912j:plain

手裏剣にも色々な種類がありますね。刺さると、痛そうですねこれ。使い方は刃先に毒を塗って投げつけるそうです。ひええ~っ。

 

 

f:id:hohyo:20171025214142j:plain

それにしても「水ぐも」が水の上を渡るものではなく、泥沼を渡れるようにしたものだったとは… いや、考えてみればそうですね。どんだけ忍者漫画に騙されたんだろう…

 

 

f:id:hohyo:20171025213916j:plain

「忍者体験館」を出ると写真の「忍者伝承館」が見えてきます。

 

 

f:id:hohyo:20171025213925j:plain

忍者の歴史など、とても勉強になりますよ♪ 一部写真撮影が不可でした。

 

 

f:id:hohyo:20171025213944j:plain

写真は「手裏剣打ち体験」の場所。一人200円で5枚投げることが出来ます。子供と一緒に私も手裏剣を投げました。当然のことながら的にまるで当たりませんでしたが、手裏剣が意外にもズッシリと重く本格的。面白かったです♪

 

 

f:id:hohyo:20171025213951j:plain

 

 

f:id:hohyo:20171025213958j:plain

 

 

f:id:hohyo:20171025214006j:plain

ここから「上野城」へ向かいます。写真は途中にあった「俳聖殿」です。ここ上野市はあの「松尾芭蕉」の生誕の地でもあるんですね。 

 

全国を旅した松尾芭蕉、実は忍びの者で密偵目的だったとも? 言われているそうです。 

 

 

隣の「伊賀上野城」へ

f:id:hohyo:20171025214016j:plain

「伊賀上野城」にやってきました。

 

 

f:id:hohyo:20171025214023j:plain

天守閣は昭和10年に復興されたものです。

 

 

f:id:hohyo:20171025214109j:plain

写真は… さすが忍者の里にあるお城ですね。

 

 

f:id:hohyo:20171025214028j:plain

「唐冠形兜(とうかんなりかぶと)」。「豊臣秀吉」から「藤堂高虎」が拝領し、のちに「高虎」から「藤堂良重(よししげ)」が拝領し、あの「大阪夏の陣」に着用したものだそうです。

 

 

f:id:hohyo:20171025214033j:plain

天守閣の中は他にも展示品が多くあります。

 

 

f:id:hohyo:20171025214039j:plain

「横山大観」とか「川合玉堂(かわいぎょくどう)」とか「なんでも鑑定団」で聞いたことのある画家の作品も展示されていました。

 

 

f:id:hohyo:20171025214045j:plain

天守閣から見える上野市の様子。

 

 

f:id:hohyo:20171025214053j:plain

昔の殿様は毎日こうして自分の領地を眺めていたのでしょうか。最高だ~。

 

 

関連記事も見てね

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

スポンサーリンク