ほひょの旅

旅行温泉キャンプ大好き新潟県民

スポンサーリンク

家族で楽しめる「おもちゃと人形 自動車博物館」 伊香保は温泉だけじゃない!

2007年4月2日。伊香保旅行初日。 

 

おもちゃと人形 自動車博物館

f:id:hohyo:20170930210204j:plain

「おもちゃと人形 自動車博物館」にやってきました。8時30分の開館からじっくり見ようと朝早く新潟を出発したのです。

 

そして到着したのが8時45分。予定よりも15分遅れですが、上出来でしょう。朝早いため来館者も少ないようです。

 

 

f:id:hohyo:20171024232029j:plain

「おもちゃと人形 自動車博物館」に入場です。まずは「テディベア博物館」から。

 

伊香保と言えば温泉のイメージですが、こんな素敵なテーマパークもあるんですよね。伊香保に来て温泉だけはもったいないです。合わせて是非行っておきたい場所です。

 

私達もここへ来るのは2度目ですのでリピーター客も結構いることでしょう。東京からも近いため、ここに来たことのある人は多いはずです。 

 

入館料は大人1,050円ですが、HPの割引チケットをプリントアウトして持っていったので100円引きになりました。

 

 

f:id:hohyo:20171024232032j:plain

左写真は「昭和レトロテーマパーク駄菓子屋横丁」です。私も昭和生まれですが、私の世代よりは私の父親世代が懐かしむ場所ですね。 

 

日本人形、価値あるものとは思いますが怖いです。私はビビリなので、日本人形が飾られてある部屋には寝られないと思います。目から黒か赤の涙がつつつつーっと流れてきそうで布団をかぶりそう。

 

 

f:id:hohyo:20171024232036j:plain

左写真はお薬です。私の心の病を治してほしい。右写真は私がわかるものもありますが、やはりもう少し前の世代が喜ぶものですね。

 

 

f:id:hohyo:20171024232040j:plain

柔道一直線とかいなかっぺ大将など、私が知ってるのはそれくらいかな。

 

 

f:id:hohyo:20171024232044j:plain

鉄腕アトム・鉄人28号・エイトマン等々… エイトマンだけかな、アニメで見たことがないのは。足が速いくらいしか知りません。

 

 

f:id:hohyo:20171024232051j:plain

巨人の星は子供の頃に本屋で見てハマりました。朝早くにアニメで再放送もしてたっけ… 結構最後まで可愛そうな話なんですよね(私はそう感じました)。 

 

それとここまできゅーぴーが並ぶと怖いですね。日本人形とキューピーのコラボは多分最強に怖いと思う。さすがにそこまでセンスのない人はいないか。

 

 

f:id:hohyo:20171024231934j:plain

ここにも鉄腕アトムと鉄人28号が。子供の頃アニメでよく見ました。主題歌は今でも覚えています。「鉄人、鉄人、28号~♪」というやつです。 

 

右写真の「射的あたり屋」で嫁さんと子供と3人で射的を楽しみました。ちなみに一番当てられなかったのは私です。 子供にいいところをまるで見せられませんでした。むしろ思いっきり笑われました。こういうの苦手だ…

 

 

自動車博物館 

f:id:hohyo:20171024231938j:plain

右写真はダイハツ「ミゼット」。

 

私達がここへ来るのは2度目なのですが、以前来たときはこの「自動車博物館」はありませんでした。聞いてみたら2004年平成16年2月にオープンしたそうです。さらにグレードアップしましたね。 

 

国産車を中心に73台がほぼ新車の状態に復元され展示されているそうです。車がピッカピカです。

 

 

f:id:hohyo:20171024231944j:plain

ダイハツフェローもかわいい車ですね。

 

 

f:id:hohyo:20171024231948j:plain

「セドリック」、かっこいいなぁ。こんなの今時乗ってたら注目の的ですね。

 

 

f:id:hohyo:20171024231951j:plain

今現在私が乗っている車はセダンですが、やっぱりスポーツカーには憧れます。こちらはトヨタ2000GT1967年式です。うーん今でもかっこいいと思う。 

 

そんなことを嫁に言うと、「スポーツカーなんて使えない」とか「あんなの欲しいなんて言ってるうちはガキ」とかガンガン言いたいことを言われてしまいます。君には男のロマンというものがわからないのか…

 

 

f:id:hohyo:20171024231955j:plain

ニッサンGTR、素敵です♪ 

 

「自動車博物館」は一階から三階まであります。それを一通り見た後にまたもとの通路に戻ります。

 

ここではお子様連れの、特に息子さんがいらっしゃる親御さんは、ミニカーなど買わされるのを覚悟しておくとよいでしょう。さぁお財布を取り出す用意はいいですかー。 

 

女の子ならこちらは何も買わずにパスかもしれませんが、甘く見てはいけません。ここから先、欲しくなるものがまだまだあります。大人でも欲しくなってしまうこと必至です。

 

 

f:id:hohyo:20171024231958j:plain

かわいいんだか怖いのかよくわからん。そしてこの左写真にギリギリ写らなかった「福松人形」ですが、日本に9体しか存在しないとしないといわれる貴重なものだそうです。写真の額縁の右隣にあります。 

 

そして「おかめ屋駄菓子」で嫁さんと子供がこれでもかと駄菓子を買っておりました。虫歯になるぞ…

 

それにしても懐かしい駄菓子がいっぱいあります。またここが通路になってるのでついつい買ってしまうのが罠ですね。もう回避することもかなわないので、どうしようもないのでこうなったらたくさん買いましょう。

 

 

f:id:hohyo:20171024232006j:plain

ワイルド…ですね。それと右写真は「カウボーイミッキー」。世界に一体しかない幻のミッキーで、顔が革で作られているミッキーは大変珍しいそうです。正直あまりかわいくない(←すみません)。

 

 

f:id:hohyo:20171024232010j:plain

左はテディベアショップ。右は65ヵ国の「世界の人形」の一部。 

 

なるほどテディベア、確かに思わず抱きしめたくなるほどにかわいいではないですか。もし娘さんがいらっしゃれば、娘さんに「買って買って」と親御さんはせがまれることでしょう。 

 

ここで親子の駆け引きが繰り広げられるわけですね。実際ここで「買って~」「うーんどうしよっかなー」といいながら何も買わずに華麗にこの場所を離れたお母様や、「買って~」「だぁーめ」と問答無用で子供のおねだりを断ち切った親子の会話が聞こえてきました。

 

 

f:id:hohyo:20171024232018j:plain

フェラーリのF40までありました。あとリス園も。何でもアリですね。

 

 

f:id:hohyo:20171024232014j:plain

世界各国のお菓子の容器なども展示されてます。右は「ワインとチョコレート博物館」です。 

 

この「おもちゃと人形 自動車博物館」では見るものがたくさんあり、大人も子供も楽しめるとてもいい博物館です。

 

前回はゴールデンウィークの時に行ったこともありとても混雑していましたが、今回はすいていてじっくり見ることが出来ました。とても満足でした。

 

 

   

 

番外篇 赤城高原サービスエリア

f:id:hohyo:20170930210150j:plain

「おもちゃと人形 自動車博物館」に行く途中、関越自動車道赤城高原SAで朝食休憩をしました。

 

 

f:id:hohyo:20171024232025j:plain

美味しかったのですが、写真の豚汁の器が太くてとても食べにくかったです。今でもどうしてあんなに太かったのか気になります。 

 

それからグンマンに、脇目も振らず子供と一緒に顔を突っ込んで記念撮影しました。恥ずかしかったです。 

 

 

関連記事も見てね

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

スポンサーリンク