ほひょの旅

旅行温泉キャンプ大好き新潟県民

スポンサーリンク

伊香保温泉「横手館」で茶褐色の源泉を堪能

2007年4月2日。群馬県伊香保温泉。

 

横手館

f:id:hohyo:20171108162717j:plain

伊香保温泉「横手館」にやってきました。本館と別館からなっており、私達は大正9年に建築された本館でお世話になりました。外観はレトロな感じがしてとてもいいですね。今回この宿を選んだのもこれが理由です。

 

 

f:id:hohyo:20171108162721j:plain

建物の内部は思ったよりもあまり古さを感じないなという印象です。

 

 

f:id:hohyo:20171108162727j:plain

また本館の各部屋にはお風呂・トイレはありません。お風呂は別にいいけどトイレが近い私には少し厳しいかな…

 

夜中にトイレなどに行きたい場合は服や浴衣を着なければいけないので、これが不便と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

茶褐色の温泉

f:id:hohyo:20171108162703j:plain

左写真は「折鶴の湯」。ここの温泉は全て源泉かけ流しの硫酸塩泉。茶褐色の温泉です。

 

右写真は「月光の湯」です。これは時間によって男性・女性専用と入れ替わります。今回も私達が入る時にはお客さんがいなくてゆっくり出来ました。

 

 

さて夕食のお味は

f:id:hohyo:20171108162706j:plain

夕食の時間になりました。ここ「横手館」は部屋出しが基本なのだそうですが、3名以上の宿泊の場合は別の部屋での食事となります。ただ他のお客さんと一緒にということはありません。なので部屋出しでなくとも家族だけで食事を楽しむことが出来ます。

 

そして早速料理を食べてみましたが…むむむ、今回はちょっと私達の口には合わなかったようです。私達は3つある料理コースの中で一番いいものを選んだのですが。たまたまだったのかもしれませんね。そんなときもあります。

 

 

羽織がビリビリ

また浴衣の上に着る羽織ですが、どの羽織も袖がことごとく切れていて携帯や鍵を入れることが出来ませんでした。これも… たまたまかな? 以前もある宿で羽織を着たらリップスティックが入ってあったこともありました。 

www.hohyoblog.com

 

 

f:id:hohyo:20171108162710j:plain

こちらは3つある貸切家族風呂の一つです。ここには予約を入れておけば追加料金ナシで入ることが出来ます。白っぽく見えますが、茶褐色の温泉でずっと半身浴をしておりました。とてもよかったです。

 

 

夜の石段街

f:id:hohyo:20171108162714j:plain

「横手館」から「石段街」までは非常に近く、夜の「石段街」を見たいと外へ出てみましたが、全然観光客がいません。雨が降っていましたから。

 

前回のゴールデンウィークの時は夜でもたくさんの人がいたものですが。雨で平日だったからでしょう。

 

 

f:id:hohyo:20171003221720j:plain

翌朝。朝食は美味しかったです。 ごちそうさまでした。

 

 

最後に

1人13,800円のプランでした。今回は私たちにとってちょっぴり夕食が残念でしたが、レトロな雰囲気の建物と温泉は素晴らしいですね。石段街にも近くて立地がよく、従業員の方々にも笑顔で接してもらえました。

 

さらにこの日の翌日には、チェックアウト後も石段街の観光の為に宿の駐車場に無料で車を停めさせて頂きました。

 

伊香保観光を楽しみつつ、風情ある旅館に泊まりたい人にはいい場所です。本当にお世話になりました。

 

 

 

関連記事も見てね

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

スポンサーリンク