ほひょの旅

旅行温泉キャンプ大好き新潟県民

スポンサーリンク

福島県 「浄土平」

 2005年10月28日。
 
 朝の10時に万葉亭をチェックアウトし、私たちが向かったのは浄土平。国道115号線から県道70号線に入り、土湯峠で有料道路「磐梯吾妻スカイライン」に入ります。1,570円とちょっぴり高めな値段ですが。 

www.hohyoblog.com

 スカイラインに入る手前は紅葉まっさかり。景色が油絵のようでした。

 

f:id:hohyo:20170811090959j:plain

 「浄土平」に到着。ここでは駐車料金410円を支払う必要があります。

 

f:id:hohyo:20170811091003j:plain

 この「浄土平」は散策コースが4つあるのですが、私たちは一番人気の「吾妻小富士」を登ることにしました。

 

f:id:hohyo:20170811091009j:plain

 曇りだった昨日とは違い天気がよかったです。

 

f:id:hohyo:20170811090933j:plain

 写真は「吾妻小富士」を登っている途中で撮った写真。左写真に見える建物は「浄土平レストハウス」です。ここにはたくさんのお土産が売られており、また食事もとることができます。

 

f:id:hohyo:20170811090938j:plain

 

f:id:hohyo:20170811090941j:plain

 そして砂礫の坂道を登りきると「吾妻小富士」の直径約400メートルの火口を見ることが出来ます。うーんすごい。何だか日本じゃないみたいです。ちなみに火口の底までは約70メートルあるそうです。

 

f:id:hohyo:20170811090947j:plain

 嫌がる嫁さんを引っ張って火口壁をぐるりと一周しました。

 

f:id:hohyo:20170811090950j:plain

 疲れましたが、一周した後はすがすがしい達成感に満ち溢れていました。

 

f:id:hohyo:20170811090954j:plain

 …というのはちょっぴり嘘で、実際はかなり疲れてしまいました。砂礫ばかりで下り坂など結構滑ったのです。

 

スポンサーリンク