ほひょの旅

旅行温泉キャンプ大好き新潟県民

「甲斐本家蔵座敷」 ラーメンのまち「喜多方市」は蔵のまちでもあります

2007年1月7日。福島県喜多方市。

 

甲斐本家蔵座敷

f:id:hohyo:20171216112705j:plain

「甲斐本家蔵座敷」に到着です。喜多方市は日本三大ラーメンの一つに数えられる喜多方ラーメンだけでなく「蔵のまち」という顔もあり、蔵の数は2千を超えると言われているそうです。中でもこの「甲斐本家」の蔵座敷は有名です。

 

「甲斐本家」は国の登録有形文化財です。幕末に初代吉五郎が酒造りを始め、製糸業・味噌・醤油醸造業で財をなしたそうです。

 

 

f:id:hohyo:20171216112753j:plain

「甲斐本家」で実際に使われていた日常用品や、素晴らしい美術品・工芸品も見ることが出来ます。さすがに贅を尽くしたものばかりです。

 

 

f:id:hohyo:20170912212409j:plain

蔵座敷というだけあって、写真を見ると蔵の中に座敷があるというのがよくわかります。

 

 

f:id:hohyo:20170912212509j:plain

大正6年に四代目の吉五郎甲斐本家は代々吉五郎を襲名しています)が、新潟から棟梁の宇佐美与四郎を招いて一緒に各地の名家を見て歩き、それらを参考にしてこの座敷蔵を着工したということです。

 

 

f:id:hohyo:20170912212536j:plain

売店もあります。だけど自販機を置くのはどうかなぁ。色を工夫して赤以外の色にするとか…私なら茶色にしたいです。

 

 

f:id:hohyo:20171216112947j:plain

そして売店のなかに、写真の「らせん状の吊り階段」があります。非常に貴重なものだそうです。

 

喜多方市に来たら、ラーメンを食べるだけでなく是非訪れたいところですね。

 

 

 

喜多方ラーメン「大安食堂」

f:id:hohyo:20170912203828j:plain

喜多方ラーメンの「大安食堂(たいあんしょくどう)」へやってきました。ここは新横浜ラーメン博物館に2年ほど出展していたお店です。1階が駐車場になっており、お店は2階にあります(2007年)。

 

 

f:id:hohyo:20171216113057j:plain

あっさり系のイメージが強い喜多方ラーメンですが、ここのラーメンのスープはちょっと濃い目(の気がします)。

 

こってりが好きな私達にとっては口にあいました。美味しく頂きました。喜多方市はラーメンのお店が多いです。

 

 

時間は少し遡り…

大寒波

f:id:hohyo:20171216113328j:plain

2007年1月7日は大寒波でした。写真は朝5時30分に新潟を出て、磐越道会津若松ICを過ぎた辺りの高速道路の様子です。 

 

さらに右写真は磐梯山SAのもの。いくらなんでもこれはひどすぎです。

 

 

あぶくま洞

f:id:hohyo:20170912203937j:plain

ただ郡山JCTを過ぎてからはさすがに雪も少なくなり、その後は快適に車を走らせました。船引三春ICで下り、国道288号、さらに県道19号船引大越小野線を通って「あぶくま洞」に8時40分到着。写真は「あぶくま洞」の駐車場ですが、雪も少ないし車もほとんどありません。

 

 

f:id:hohyo:20170912212716j:plain

f:id:hohyo:20170912212739j:plain

f:id:hohyo:20170912212804j:plain

f:id:hohyo:20170912212833j:plain

f:id:hohyo:20170912212858j:plain

f:id:hohyo:20170912212936j:plain

f:id:hohyo:20170912212958j:plain

f:id:hohyo:20170912213033j:plain

f:id:hohyo:20170912213105j:plain

f:id:hohyo:20170912213152j:plain

 

 

 

「あぶくま洞」を見終えた後、再度磐越道に入り会津若松方面へ向かいました。喜多方市の「甲斐本家蔵座敷」へ向かうためです。

 

が、大寒波の影響もあり磐梯熱海ICから会津若松ICまでが通行止めとなってしまいました。そこでやむなく国道49号線を通ることにしました。

 

 

f:id:hohyo:20171216113525j:plain

途中に猪苗代湖にも寄りました。ここに来て鴨に餌をあげるのはもう恒例ですね。

 

 

関連記事も見てね

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com