ほひょの旅

旅行温泉キャンプ大好き新潟県民

「開成山大神宮」 伊勢神宮の御分霊が認められた「東北のお伊勢さま」

2017年12月24日。福島県郡山市。

 

f:id:hohyo:20171229230726j:plain

東北のお伊勢さま「開成山大神宮(かいせいざんだいじんぐう)」へ参拝するために、福島県郡山市にやってきました。

 

クリスマスイブの朝10時の参拝です。意外にも若い女性の姿もちらほら見えました。

 

 

開成山大神宮へ参拝

f:id:hohyo:20171229231103j:plain

鳥居を抜けると立派な「神門」が見えてきます。

 

 

f:id:hohyo:20171229231108j:plain

首が埋もれてしまった狛犬ですね…

 

 

f:id:hohyo:20171229231114j:plain

恐れ多いですが、一瞬「狛犬の首がない」と思ってしまいました。ほっ、きちんとありました(当たり前です)。

 

 

開成山大神宮「拝殿」

f:id:hohyo:20171229232048j:plain

拝殿です。二礼二拍手一礼しましょう。日々生かして頂いていることに感謝しましょう。

さてここ「開成山大神宮」の創建は明治9年。結構新しい神社です。

神社が建立される前の郡山盆地「安積(あさか)」では、村同士の土地をめぐる争いの他、士族や農民の次男三男坊の入植が相次ぎ、紛争が絶えませんでした。

このままでは安積の発展に希望が見出せません。そこで、村民や入植者達の心の拠り所となる神社を建て、人心の融和を図ろうということとなったのです。

そして御祭神を決めるにあたり、日本国のいしずえをなす神を祀りたいということになったそうです。

 

 

開成山大神宮「御祭神」

f:id:hohyo:20171229234715j:plain

ここ開成山大神宮の御祭神は…

皇室の祖先
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
全産業の守護神
豊受大神(とようけのおおかみ)
日本国を初めて治められた
神倭伊波禮彦命(かむやまといわれひこのみこと)

の三神です。神倭伊波禮彦命とは、初代天皇の位につかれた神武天皇のことですね。

ここは伊勢神宮の御分霊を祀っている神社なのです。東北のお伊勢さまと言われるゆえんですね。

神宮御分霊は前例がなく、慎重に審議されたそうです。しかしながら人々の熱心な働きかけもあって、ついに明治9年に神宮御分霊が認められることとなりました。戊辰戦争では朝敵だった東北に伊勢の御分霊が認められたのは特筆すべきことです。

ちなみに山形県の宮内熊野大社 も東北の伊勢と呼ばれてますが、一般には東北のお伊勢さまといえばここ開成山大神宮を指すようです。

 

 

f:id:hohyo:20171229232051j:plain

拝殿の社号標の文字は「有栖川宮熾仁親王(ありすがわのみやたるひとしんのう)」の書とのこと。

親王は戊辰戦争の「東征大総督」や西南戦争の「征討総督」にもなられた皇族として有名です。

 

 

開成山大神宮境内

f:id:hohyo:20171229231057j:plain

手水舎です。うーん、今回は利用しませんでした。出来なかったのかな?

 

 

f:id:hohyo:20171229235714j:plain

神楽殿です。ここで太鼓の演奏の催しもあるとか。

 

 

f:id:hohyo:20171229235717j:plain

宝物殿。閉まってました。開いていても多分見なかったかな。昔は神社やお寺に宝物殿があれば必ずといっていいほど訪れていたものですが。

 

 

開成山大神宮「境内社」

桑野宮

f:id:hohyo:20171229233135j:plain

桑野宮(くわのみや)です。明治8年に造営された開成山大神宮の旧本殿です。本社三神の勇ましく力強い働きをする神霊「荒御魂」を祀ってます。

 

 

f:id:hohyo:20171230000003j:plain

古神札納付所です。

 

 

開成山稲荷神社

f:id:hohyo:20171229233952j:plain

お稲荷さんですね。

 

 

f:id:hohyo:20171229234016j:plain

御祭神は「倉稲魂神(うかのみたまのかみ)」。農業・商業・工業・開運の守護神です。

 

 

f:id:hohyo:20171229234012j:plain

かわいいです。

 

 

f:id:hohyo:20171229234023j:plain

 

f:id:hohyo:20171229234129j:plain

 

f:id:hohyo:20171230000028j:plain

開成山稲荷神社の脇にあったカエルさん。頭の上にお賽銭が置かれております。

 

 

古峰神社

f:id:hohyo:20171229235130j:plain

日本神話最大の英雄「日本武尊(やまとたけるのみこと)」が祀られております。

 

 

祖霊社

f:id:hohyo:20171229234502j:plain

開成山大神宮神徒会の代々の霊神を祀る「祖霊社」です。

 

 

f:id:hohyo:20171229234542j:plain

神徒とは神道を信仰する人のことですね

 

 

開成山大神宮その他

f:id:hohyo:20171229235431j:plain

安積野開拓顕彰碑

 

明治6年から始まった安積(あさか)開拓には、二本松・久留米・松山・土佐・岡山・鳥取・米沢・会津・棚倉の九藩が入植しました。この顕彰碑は入植百週年を記念して建立されたものだそうです。

 

先述しましたが安積(あさか)とは今の郡山盆地のことです。開拓時は作物が満足に育たない不毛の地だったそうです。

 

 

f:id:hohyo:20171229235434j:plain

台座には入植藩の石がはめ込まれていました。土佐や会津、喧嘩にならなかったのでしょうか…

 

 

f:id:hohyo:20171229235437j:plain

中條政恒翁頌徳碑(なかじょうまさつねおうしょうとくひ)

 

「安積(あさか)開拓の父」こと中條政恒を称える碑です。不毛の地の安積野原に猪苗代湖から水を引いた安積疎水(あさかそすい)の事業の推進者でもあり、現在の郡山市の発展の基盤をつくった人と聞いています。

 

 

f:id:hohyo:20171229235425j:plain 

阿部茂兵衛(あべもへえ)銅像です。

 

阿部茂兵衛は郡山の富裕商人25人で設立した「開成社」の社長に就任(明治6年)し、中條政恒と同じく安積開拓・郡山発展に多大な貢献をした人物です。

 

 

f:id:hohyo:20171229235518j:plain

少し散歩してみました。綺麗に整備されております。

 

 

f:id:hohyo:20171229235521j:plain

 

 

f:id:hohyo:20171229235552j:plain

開成山大神宮の道を挟んで向かい側に「開成山公園」があります。十分な時間とお日さまがあれば、こちらも散歩してみたかったです。

 

桜の咲く時期にも訪れたい場所です。素晴らしい参拝となりました。

 

 

あわせて見てね

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com