ほひょの旅

旅行温泉キャンプ大好き新潟県民

スポンサーリンク

新潟県 新潟市 「金刀比羅神社(ことひらじんじゃ)」

 2007年7月22日。

 

f:id:hohyo:20170914132316j:plain

 「コンピラさま」として親しまれているこの「金刀比羅神社」は、新潟市中央区の「こんぴら通り商店街」の入口に鎮座しています。

 

f:id:hohyo:20170914132324j:plain

 香川県「金刀比羅宮」の御祭神が分霊されたいわゆる「勧請(かんじょう)型神社」で、御祭神は…

 大物主大神
 (おおものぬしのおおかみ)
 船玉大神
 (ふなだまのおおかみ)

です。金運をお授けになる神として、また海上安全の守護神として信仰されています。

 

f:id:hohyo:20170914132320j:plain

 もとは古町十一番町にあったそうですが、明治2年に現在地に遷りました。ちなみに写真の狛犬の下に小さな狛犬もあったのでその理由を神社の人に尋ねたのですが、わからないとのことでした。意外です。

 

f:id:hohyo:20170914132327j:plain

 そしてこれが有名な「金刀比羅神社奉納模型和船(北前船)」です。

 「北前船(きたまえぶね)」とは江戸から明治にかけて、北陸・関西・北海道を往復運航した和船のこと。これら模型和船は新潟町の海運業者・船主・船頭たちが、海上安全祈願の為に奉納した持ち船の模型だそうです。1852(嘉永5)年から1891(明治24)年にかけて28点の北前船が奉納されました。

 

f:id:hohyo:20170914132331j:plain

 模型は細部まで精巧で、船腹や船底には奉納年月日・船名・奉納者名が記されています。以前は帆柱をたたんで拝殿天井に吊るされていたそうですが、現在はこうして境内の収蔵庫にあります。

 

f:id:hohyo:20170914132313j:plain

 模型和船の中で最も古いものが写真の「住吉丸」。また模型和船の中に帆が二つあるものがありますが、帆を複数使う西洋型船の影響であろうと言われており、比較的新しいものであることがわかるそうです。

 なお、この収蔵庫は普段鍵がかかっています。見学の際は拝殿脇にある玄関で申し込めば見ることが出来ます。私達もとても親切に教えていただきました。ありがとうございました。

 

スポンサーリンク