ほひょの旅

旅行温泉キャンプ大好き新潟県民

尾瀬沼の縮小版「ミニ尾瀬公園」そして「山びこ山荘」

2006年8月22日。福島県檜枝岐村。

 

ミニ尾瀬公園 

f:id:hohyo:20170821091542j:plain

尾瀬沼に行く前に、国道252号→289号→401号→352号と車を走らせ、桧枝岐村(ひのえまたむら)にあるミニ尾瀬公園に到着です。

 

 

f:id:hohyo:20170821091600j:plain

 

f:id:hohyo:20170821091703j:plain

入場料一人500円を支払い、約40分歩いて一周してミニ尾瀬散策を楽しむのです。いい場所です。

 

 

f:id:hohyo:20170821091727j:plain

 

f:id:hohyo:20170821091733j:plain

 

f:id:hohyo:20170821091747j:plain

 

f:id:hohyo:20170821091803j:plain

こちらは「ミニ尾瀬公園」内にあった「山の神」です。村人が狩猟や山仕事で山に入る時にここで安全を祈ったそうです。何でも最後に「アビラオンケンソワカ」を3回唱えると効き目抜群だとか。

 

 

f:id:hohyo:20170821091903j:plain

 

f:id:hohyo:20170821091948j:plain

 

f:id:hohyo:20171216190826j:plain

公園内にはあの尾瀬の歌、「夏の思い出」の詩碑がありました。写真の前に立つと、その曲が流れてくるのです。”夏がくれば思い出すはるかな尾瀬遠い空~”ですね。

 

 

山びこ山荘

f:id:hohyo:20170821092051j:plain

「ミニ尾瀬公園」から車で5分くらいの場所にある宿に到着です。

 

 

f:id:hohyo:20170821092056j:plain

食事がとても美味しかったです。びっくりしました。もちろん全部食べました♪
 
 

f:id:hohyo:20171216190953j:plain

左から男風呂と女風呂です。そして明日は朝6時にここを出発することもあり、早めに寝ました。

 

ここ桧枝岐村は平氏の落人が住み着いたと言われる歴史の村なのです。

 

 

 

関連記事も見てね

www.hohyoblog.com