ほひょの旅

旅行温泉キャンプ大好き新潟県民

東北のお伊勢さま 宮内熊野大社その1

2007年7月24日。山形県南陽市にて。

 

三熊野の一つ「宮内熊野大社」

f:id:hohyo:20170915194215j:plain

日本三熊野の一つ、そして東北のお伊勢さまとして多くの信仰を集めている宮内熊野大社にやってきました(他2つは日本紀州熊野三山軽井沢碓氷峠熊野皇大神社)。

 

大同元年(806)、平城天皇(へいぜいてんのう)の勅命により紀州熊野権現の勧請(かんじょう)を受けて再興されたと言われています。創建はもっと古いわけですね。朝廷による統治が不十分なこの地に住む開拓民の幸福を祈願したそうです。

 

 

宮内熊野大社へ

f:id:hohyo:20171208224005j:plain

宮内熊野大社の大鳥居です。大鳥居の後ろが交差点になっており、ここは車が往来する道路となっております。

 

 

f:id:hohyo:20171208224205j:plain

大鳥居の横にある灯篭です。これは上野の寛永寺から移築されたそうで、葵の紋が入っております。

 

 

f:id:hohyo:20171208224420j:plain

大鳥居を抜け、宮内熊野大社に到着です。

 

 

f:id:hohyo:20171208224541j:plain

駐車場に車を入れ(無料)、まず見えてくるのが有名な大銀杏(おおいちょう)。熊野大社に必勝祈願し前九年の役を平定した源義家が、続く後三年の役にも家臣の鎌倉権五郎景政(かまくらごんごろうかげまさ)を使いとして必勝祈願をし、その際に手植えさせたものだそうです。

 

見づらいかもしれませんがその真下には、道祖神社があります。道祖神が御祭神です。道案内・交通安全の神様であり、また耳の神様でもあるそうです。

 

宮内「熊野大社」の境内には、たくさんの神がまつられているのです。

 

 

宮内熊野大社境内の摂社・末社

f:id:hohyo:20170915194027j:plain

この石段を上りきると熊野大社の拝殿が見えてくるわけですが、そこに行くまでにたくさんの神社があります。ここからはしばらく宮内熊野大社の境内にある摂社・末社の紹介になります。興味のない方はすっ飛ばして下さいね。

 

 

f:id:hohyo:20171208224831j:plain

この石段両脇にある狛犬(こまいぬ)は力強い感じがします。

 

 

f:id:hohyo:20171208225009j:plain

まずは土社神社(どしゃじんじゃ)です。訶志古泥神(かしこねのかみ)が御祭神です。自然の生成力への感動を表現した神様ですので、自然と土への感謝の神としておまつりしています。

 

続いて古峯神社(ふるみねじんじゃ)です。古代日本の英雄日本武尊(やまとたけるのみこと)が御祭神です。日本武尊は焼津の原(静岡県)で火難を除いた事から、火防の神として全国で信仰されています。

 

 

f:id:hohyo:20170915194110j:plain

右から

大宮子易神社(おおみやこやすじんじゃ)

青麻神社(あおそじんじゃ)

山神社(やまじんじゃ)

です。

 

大宮子易神社(おおみやこやすじんじゃ)の御祭神は木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)で女性の神様です。炎の中で子供を出産したことから、安産祈願の神としておまつりしているそうです。

 

青麻神社(あおそ)の御祭神は天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)。3度お参りすれば中風(脳卒中)の難より生涯のがれることが出来るそうです。

 

山神社の御祭神は大山祇神(おおやまづみのかみ)で、その名の通り山を統治する神です。酒造の神でもあるそうです。

 

 

f:id:hohyo:20171208230034j:plain

右から

幸神社(さいわいじんじゃ)

湯殿山神社(ゆどのさん)

月山神社(がっさんじんじゃ)

です。

 

幸神社(さいわいじんじゃ)の御祭神は猿田彦神(さるたひこのかみ)です。最初の道祖神と同じく道案内・交通安全の神です。

 

湯殿山神社の御祭神は少彦名命(すくなひこのみこと)で、医学の祖、または知恵の神様でもあります。非常に小さな神様であったため、一寸法師のモデルにもなったと言われています。

 

月山神社の御祭神は月読命(つきよみのみこと)。月を読む、つまり月を数えることから、農業に大切な暦と関係あることから農業の神として信仰されています。

 

 

f:id:hohyo:20171208231405j:plain

大社神社(おおやしろじんじゃ)です。御祭神は大地主神(おおとこぬしのかみ)で、土地を領有する地主神です。

 

そして石段を上り切る手前に再び狛犬です。最初に出てきた狛犬が以前からあったものだそうで、この狛犬はあとから置かれたのだとか。何となくのんびりしている感じがします。私こういうの好きです。

 

 

宮内熊野大社の拝殿へ

f:id:hohyo:20171208231619j:plain

洪鐘(こうしょう)です。第二次大戦中の金属回収の際も、文化的価値からこの大鐘は回収を免除されたと言われています。午前8時、昼12時、午後5時に3回打たれるそうです。

 

 

f:id:hohyo:20171208232225j:plain

いよいよ神楽殿(かぐらでん)です。熊野大社の太々神楽(だいだいかぐら)伊勢神宮より直伝を許されたもので、当社に伝授された以降は他への伝授は禁じられた、日本で最も尊い御神楽(みかぐら)とされています。

 

 

f:id:hohyo:20170915194812j:plain

宮内熊野大社の拝殿です。残念ながら今回は一部が工事中でビニールシートがかぶさっていました。

 

 

f:id:hohyo:20171208232440j:plain

それでも茅葺で上から千鳥破風(ちどりはふ)・軒唐破風(のきからはふ)が付いた拝殿は素晴らしいの一言です。

 

またここ宮内熊野大社は再興後から4度の火災に遭っているそうで、この拝殿は1787年のものだそうです。

 

 

宮内「熊野大社」の御祭神

熊野夫須美大神

(くまのふすみのおおかみ)

熊野速玉大神

(くまのはやたまのおおかみ)

熊野家津御子大神

(くまのけつみこのおおかみ)

 

またそれぞれの神様は別名として

伊弉冉尊(いざなみのみこと)

伊弉諾尊(いざなぎのみこと)

素盞嗚尊(すさのをのみこと)

というお名前をお持ちです。

 

伊弉冉尊(いざなみ)伊弉諾尊(いざなぎ)は夫婦神で、日本列島を生み出し、また八百万(やおよろず)の神々を生み出しました。素盞嗚尊(すさのを)もこの夫婦神から生まれ、食料の神様としてまつられています。

 

熊野大社の大神様は世界のすべての営みの礎を築かれました。また生命をつかさどっていることから、産業全般・縁結び・結婚の神として、信仰されているのです。

 

 

 関連記事も見てね

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com