ほひょの旅

旅行温泉キャンプ大好き新潟県民

スポンサーリンク

山形県 宮内「熊野大社」その2

 2007年7月24日。宮内「熊野大社」その1の続きです。

www.hohyoblog.com

 

宮内「熊野大社」境内

f:id:hohyo:20170915191152j:plain

 拝殿でお参りをした後、私たちは拝殿の周りを時計回りに進みました。他にも様々な神社があるからです。全ての神社にお参りをしていきます。

 

f:id:hohyo:20170915191341j:plain

 「八幡神社」です。「応神(おうじん)天皇」が御祭神です。昔は武芸上達・武門の神としてまつられていたそうですが、現在はスポーツなどの必勝祈願の神として信仰されているそうです。

 

f:id:hohyo:20170915191336j:plain

 「神庫(ほくら)」です。

 

f:id:hohyo:20170915191332j:plain

 手前から「愛宕(あたご)神社」、「保呂羽(ほろは)神社」、「羽黒(はぐろ)神社」です。

 「愛宕神社」の御祭神は「火産霊神(ほむすびのかみ)」で、3歳までに参拝すると一生火事に遭わないそうです。これは素晴らしい! 子供の時に来たかったです。

 「保呂羽神社」の御祭神は「大名持神(おおなもちのかみ)」。国土を開拓し国造りをされた神で、また豊富な知識を持ち、特に医療・医学に詳しい神としておまつりしています。

 「羽黒神社」の御祭神は「稲倉魂命(うかのみたまのみこと)」。「うか」とは穀物・食物の意味で、穀物・農耕の神としておまつりしています。

 

f:id:hohyo:20170915191326j:plain

 「菅原神社」です。有名な「菅原道真」が御祭神で、受験・学問の神様です。

 

f:id:hohyo:20170915191320j:plain

 「雷(いかづち)神社」です。人智の及ばない雷は恐れ多いものであり、「火雷神(ほのいかずちのかみ)」を御祭神としておまつりしました。今では電気関係者に信仰されているそうです。

 

f:id:hohyo:20170915191317j:plain

 「千手堂(せんじゅどう)」です。御祭神は「国常立神(くにのとこたちのかみ)」です。「くにのとこたち」は、国が永久に立ち続けるという意味があり、国土の安定を支える神様です。

 

f:id:hohyo:20170915191309j:plain

「稲荷神社」です。

 

f:id:hohyo:20170915191301j:plain

 御祭神は「宇迦之御魂大神(うがのみたまのおおかみ)」で、「お稲荷様」、「お稲荷さん」の名で親しまれています。穀物・農業の神でもあり、また産業全般の神、商売繁盛の神としても信仰されています。

 

f:id:hohyo:20170915191256j:plain

 写真の本殿裏に「三羽の兎」が隠し彫りされているそうで、三羽全部見つけると願いがかなうそうです。

 

f:id:hohyo:20170915194525j:plain

 必死に探しましたが、日頃の行いが悪いからでしょうか、問題児の私には見つけることが出来ませんでした。

 

f:id:hohyo:20170915191253j:plain

 「招魂社(しょうこんしゃ)」です。靖国・護国神社と同じく明治以降に国家の為に命をおとした南陽市・高畠町・川西町の英霊をおまつりしています。

 

f:id:hohyo:20170915191247j:plain

 「和光(わこう)神社」です。御祭神は「豊斟渟神(とよくぬのかみ)」で、土壌育成の神としてまつられています。

 

f:id:hohyo:20170915191242j:plain

 左から「義家(よしいえ)神社」、「景政(かげまさ)神社」です。

 「義家神社」の御祭神は前九年の役に尽力した「源義家」。勝負の神としてまつられています。

 また「景政神社」の御祭神は、「源義家」の家臣「鎌倉権五郎景政」で、悪霊・邪気を祓う神としておまつりしています。

 

f:id:hohyo:20170915191239j:plain

 左から「厳島(いつくしま)神社」、「白山(はくさん)神社」です。

 「厳島神社」の御祭神は「市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)」。水の受難から守ってくれる水にまつわる神様です。また別名を「弁財天」ともいい、財産運の神様でもあります。

 「白山神社」の御祭神は「菊理姫神(くくりひめのかみ)」です。「伊弉冉尊」と「伊弉諾尊」が「黄泉平坂(よもつひらさか)」で言い争っているところを仲裁し、仲を取り持ったことから縁結びの神としておまつりしています。

 

f:id:hohyo:20170915191235j:plain

 「皇大(こうたい)神社」です。「伊弉冉尊」と「伊弉諾尊」との間に生まれた「天照大神(あまてらすおおみかみ)」が御祭神で、日本国民の総氏神です。

 

f:id:hohyo:20170915194643j:plain

 拝殿の後ろにやってきました。写真の右側が拝殿、左側が本殿となっており、このように分離しているのは珍しいなぁと感じました。お参りする場所が三箇所あり、左から「三宮(さんのみや)」、「本宮(ほんぐう)」、「二宮(にのみや)」となります。御祭神はそれぞれ「素盞嗚尊(すさのをのみこと)」、「伊弉冉尊(いざなみのみこと)」、「伊弉諾尊(いざなぎのみこと)」です。

 

f:id:hohyo:20170915191228j:plain

 

f:id:hohyo:20170915191224j:plain

 写真は格子の隙間から撮った「二宮(にのみや)」の写真です。

 

f:id:hohyo:20170915191214j:plain

 「熊野大社考古館」です。入場は無料です。

 

f:id:hohyo:20170915191205j:plain

 中はそれほど大きくはなく、写真のように無造作に置かれているものも多くありました。

 

f:id:hohyo:20170915191201j:plain

 

宮内「熊野大社」を見て

 宮内「熊野大社」の境内にこれほどたくさんの神様がまつられているとは思ってもみませんでした。ここに参拝に来ればどんな災難からも守られるような気がします。予定時間よりも長い、約1時間30分かけて宮内「熊野大社」を参拝しました。

 またここまでこの記事をじっくり読んでくださった方、神様の名前を読むのに疲れて途中からすっ飛ばしてしまった方、どちらもありがとうございました。

 

 

関連記事

www.hohyoblog.com

スポンサーリンク