ほひょの旅

旅行温泉キャンプ大好き新潟県民

浄土式庭園が見事 世界遺産「毛越寺」

2014年10月29日。岩手県西磐井郡平泉町。

 

f:id:hohyo:20171215233850j:plain

世界遺産「中尊寺金色堂」に続き、世界遺産「毛越寺(もうつうじ)」にやってきました。

 

毛越寺を最初私は「もうえつじ」だと思ってました。

 

越は「オツ」とも読み、「モウオツジ」だったのが「モウツジ」となり、更に「モウツウジ」となったそうです。

 

 

世界遺産「毛越寺」へ

f:id:hohyo:20171215233915j:plain

山門」です。もとは一関藩(いちのせきはん)の田村家藩邸の中門だったそうです。ここで一人500円の拝観券を購入し、いざ「毛越寺」へ!

 

 

f:id:hohyo:20171215233620j:plain

奥に見えるのが「本堂」になります。

 

 

f:id:hohyo:20171215233611j:plain

The summer grass. It is all that's left of ancient warriors' dreams.

夏草や 兵どもが 夢の跡

 

この地を訪れた松尾芭蕉が、100年の栄華を誇った「奥州藤原氏」と悲劇の英雄「源義経」をしのんで詠んだ句です。

 

 

f:id:hohyo:20171215233635j:plain

南大門跡」です。毛越寺の正門だったそうです。またここには建造物の土台として据える石である礎石(そせき)12個が現存しています。

 

 

f:id:hohyo:20171215233638j:plain

南大門跡」から「大泉が池」を眺めます。この写真では少しわかりにくいですが、ここから「大泉が池」の中心にある「中島」に橋が架かっていたそうです。

 

 

f:id:hohyo:20171215233629j:plain

本堂」です。建物自体は平成元年に建てられたものだそうです。なお本尊は薬師如来です。

 

 

f:id:hohyo:20171215233648j:plain

「本堂」脇を通り、「大泉が池」を時計回りに観光します。

 

 

f:id:hohyo:20171215233643j:plain

築山(つきやま)」が見えてきました。海岸に迫る岩山を表現しているということです。

 

 

f:id:hohyo:20171215233657j:plain

開山堂」。毛越寺を開いた慈覚大師「円仁(えんにん)」をまつっている場所です。またここには藤原三代清衡(きよひら)・基衡(もとひら)・秀衡(ひでひら)の画像が安置されています。

 

 

f:id:hohyo:20171215233706j:plain

嘉祥寺跡(かしょうじあと)」です。藤原二代基衡(もとひら)・三代秀衡(ひでひら)によって建てられた御堂で、これも本堂と同じく本尊が薬師如来だったそうです。

 

 

f:id:hohyo:20171215233713j:plain

 

f:id:hohyo:20171215233728j:plain

講堂跡」です。藤原二代基衡(もとひら)によって建てられた、仏法を勉強する場所ですね。

 

 

f:id:hohyo:20171215233738j:plain

奥州藤原氏滅亡後、創建時のすべての建物が焼失しました。ところが「大泉が池」を中心とする「浄土庭園」と平安時代の寺院の遺構がほぼ完全な状態で遺されています。

 

平安時代の寺院様式を知る上で貴重な遺構が存在する「毛越寺」は、国の特別史跡・特別名勝の二重の指定地だ、ということなんですが、うーんちょっと微妙。

 

 

f:id:hohyo:20171215233858j:plain

史跡に詳しい方ならここ「毛越寺」の素晴らしさがわかるのかもしれませんが、正直私にはちと難しいかなと感じます。

 

 

f:id:hohyo:20171215233754j:plain

金堂・円隆寺跡(こんどう・えんりゅうじあと)」です。藤原二代基衡によって建てられたお寺で、これも本尊は薬師如来です。

 

 

f:id:hohyo:20171215233802j:plain

遣水(やりみず)」です。山の水を「大泉が池」に引くための水路です。谷から蛇行しながら平野を流れる川を表現しているそうです。

 

 

f:id:hohyo:20171215233807j:plain

新緑の時期になるとここ「遣水(やりみず)」で「 曲水(ごくすい)の宴」が開催されるそうです。流され浮かべられた盃が自分の前を通過しないうちに詩歌を作り、そして盃の酒を飲み、次へ盃を流すといった行事です。

 

 

f:id:hohyo:20171215233815j:plain

その後に宴を開き、ここ「遣水」で作った詩歌を披露するらしいです。平安時代の歌あそびですので、この行事では束帯衣装や十二単衣を身にまとった人達を見ることが出来ます。これは見てみたいなぁ。

 

 

f:id:hohyo:20171215233822j:plain

「毛越寺」は「慈覚大師円仁(えんにん)」が開いたわけですが、藤原氏二代基衡(もとひら)から三代秀衡(ひでひら)の時代に多くの寺院が造営されたのですね。

 

 

f:id:hohyo:20171215233838j:plain

常行堂(じょうぎょうどう)」です。1732年に再建された建物で、本尊は阿弥陀如来です。

 

 

f:id:hohyo:20171215233827j:plain

常行堂跡」です。先ほどの「常行堂」とは異なり、ここは次の「法華堂」と共に1597年に焼失したそうです。

 

 

f:id:hohyo:20171215233833j:plain

法華堂跡」です。

 

 

毛越寺を参詣してみて

f:id:hohyo:20171215233845j:plain

一言…

 

跡、跡、跡、跡、跡ばっかりじゃん!(私は恐れ多いことを口にしてるのかも)」。

 

正直、跡を見せらても何が凄いのか理解するのが難しかったです… 多分わからないのは見る目がないということなんだと思う。やはり歴史的な建物がどーんとあって初めて「おおこれは凄いな…」と、私は感じるわけで。

 

ここ「毛越寺」とは、「かつてここに寺院があったんだな…」と想像しながらかつ浄土庭園を楽しむ、といったところでしょうか。想像力欠如の私には向いてないかもしれません。

 

世界遺産なので外国人観光客も結構いました。しかし彼らの目にはどう見えたのか、普段外国人から見た日本というものにさほど興味のない私も、ちょっぴり気になるのでした。

 

ただ、平安時代から鎌倉時代にかけての庭園形式のこの「浄土式庭園」は素晴らしいと思います。

 

 

 

あわせて見てね

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com