ほひょの旅

旅行温泉キャンプ大好き新潟県民

スポンサーリンク

新潟県 村杉温泉 「風雅の宿 長生館」

ラジウム含有量日本屈指の湯「村杉温泉」

 2006年10月30日。阿賀野市。

 

f:id:hohyo:20170906151528j:plain

 村杉温泉は、五頭(ごず)温泉郷の中の温泉の一つです。磐越自動車道安田ICを下り、北へ国道290号線を走っていくと右手に見えてきます。

 「村杉温泉には医者は育たない」、という言い伝えがあるこの温泉は、ラジウム含有量が日本でも有数とのこと。ちなみにラジウム泉とは温泉中に放射能(ラドン)を含む温泉のことを指すそうです。ただ放射能とはいっても有害ではありません。温泉から気体になったラドンを呼吸して(鼻から吸うのが一番効果があるそうです)体内に取り込むことで皮膚の新陳代謝が向上し、美肌効果にもつながるのだそうです。

 

 「長生館」の内湯と外湯

f:id:hohyo:20170906153712j:plain

 早速、内湯です。内湯の戸を開けた途端に… 塩素臭がしました。温泉の独特の香りが大好きな人にはちょっと大変かもしれませんね。たまたまだったのかな?

 

f:id:hohyo:20170906151536j:plain

 内湯の奥の戸を開けて写真の通路を通ります。この間、素っ裸です。

 

f:id:hohyo:20170906153756j:plain

 トンネルを抜けると、そこには露天風呂がありました。

 

f:id:hohyo:20170906153909j:plain

 …うぉっ、想像していたよりも大きいっ。とても豪華です。それもそのはず、ここは新潟県最大の広さを誇る千坪の庭園大露天風呂なのだそうです。

 

f:id:hohyo:20170906153929j:plain

 露天風呂でお湯が出る場所に魚が泳いでいます! …と言っても本物ではありませんよ。それにしてもすごい露天風呂だなぁ。とても豪華で景色も素晴らしいです。

 

f:id:hohyo:20170906151548j:plain

 それにしてもラジウム温泉って日本でも数が少ないので、村杉温泉はとっても貴重な温泉なんですね。

 

f:id:hohyo:20170906151612j:plain

 お部屋の様子。小奇麗にしてあります。

 

「長生館」の食事

f:id:hohyo:20170906153949j:plain

 温泉に入った後、とても楽しみにしていたお食事の時間がやってきました。

 

f:id:hohyo:20170906151624j:plain

 料理はとっても美味しかったです♪ ああよかった。

 

f:id:hohyo:20170906151627j:plain

 

f:id:hohyo:20170906151715j:plain

 嫁さんとの会話はほとんどなく、無我夢中でむしゃむしゃと食べておりました。

 

f:id:hohyo:20170906151721j:plain

 当然今回も残すことなく全て食べました。ごちそうさまでした。

 

f:id:hohyo:20170906151731j:plain

 

f:id:hohyo:20170906154041j:plain

 

f:id:hohyo:20170906151739j:plain

 

f:id:hohyo:20170906151748j:plain

 写真は部屋から撮った庭の写真。聞いてみたらここの庭園は三千坪もあるそうです。ということで食事を済ませたらお庭を散歩ですね。

 

「長生館」の庭園と貸切風呂

f:id:hohyo:20170906151751j:plain

 庭園は広く、とても綺麗でした。

 

f:id:hohyo:20170906154203j:plain

 またここでは7月から8月にかけて庭園に竹筒がたくさん刺さり、その中に火をともす「竹灯り(たけあかり)」を見ることも出来ます。

 

f:id:hohyo:20170906151759j:plain

 機会があれば是非見てみたいものです。

 

f:id:hohyo:20170906151803j:plain

 私達が利用したのが写真の白い本館ですが、見た感じは普通の建物です。

 

f:id:hohyo:20170906151807j:plain

 写真の離れの「松濤亭(しょうとうてい)」はいい雰囲気です。宿泊するなら絶対ここですね。

 

f:id:hohyo:20170906151810j:plain

 貸切風呂に向かいます。

 

f:id:hohyo:20170906154248j:plain

 写真は「茶室風貸切露天風呂」。2,500円で45分利用できます。今回私達は3つあるうちの「木里(きり)の寝湯」に入りました。

 

f:id:hohyo:20170906154307j:plain

 桐造りのお風呂でこじんまりしていて雰囲気もよかったのですが、少し灯油くさかったかな(笑)。お風呂の後ろのボイラーらしき音も気になりました。

 

f:id:hohyo:20170906154333j:plain

 それでも貸切風呂はやっぱり最高ですね。

 

最後に

料理はとても美味しかったし庭園もきれいですし、全体的に見てもこの宿はとてもいいところだなぁと思いました。また来ます♪

 

スポンサーリンク