ほひょの旅

旅行温泉キャンプ大好き新潟県民

個別の炊事棟&トイレが完備の素敵なキャンプ場「大石オートキャンプ村」 えちごせきかわ温泉郷にも近いです

2017年4月29日。新潟県岩船郡関川村。

 

f:id:hohyo:20180128112512j:plain

新潟県関川村にある「大石オートキャンプ村」に初めてやってきました。とても清潔なキャンプ場と聞いてきましたが、噂に違わぬ綺麗なキャンプ場でした。

 

 

Aサイトでお世話になります

f:id:hohyo:20180128112502j:plain

写真の管理棟で受付を済ませます。受付の方、とても対応が良かったなぁ。また訪れたいと思ってしまいます。

 

 

そして今回私たちは、個別の炊事棟とトイレと電源があるAサイトでお世話になることになりました。さて、設営にとりかかりまーす。

 

 

f:id:hohyo:20180128112451j:plain

ふぅーっ、設営完了です。今回は初めてランドロックとヘキサタープを連結させました。結構しんどかったです。

 

 

f:id:hohyo:20180128112524j:plain

というのもAサイトが狭かったため、ヘキサタープをまともに張れなかったのです。写真では少しわかりにくいかもしれませんが、仕方なくヘキサタープのガイロープの一本を炊事棟の柱に巻きつけています。

 

…あらら、皆さんかなりくつろいでますね。子供はハンモック、嫁はコットに横になってます。 

 

 

f:id:hohyo:20180128112436j:plain

このキャプテンスタッグの青と白のストライプのハンモック、このキャンプで初披露でした。

 

 

f:id:hohyo:20180128112508j:plain

私達の子供は暇さえあればこのようにハンモックに揺られていました。本を読んだりゲームをしたりそれはもう嬉しかったようです。ホームセンターに行って木を切ってもらい、パーツを揃えて組み立てた甲斐がありました。

 

 

f:id:hohyo:20180128112432j:plain

今日は私達を含めてテントを張っているのは5組くらいでした。大石オートキャンプ村の営業は4月下旬からでまだ始まったばかりだったからでしょうか。

 

何にせよ、静かで素晴らしいキャンプです。

 

 

f:id:hohyo:20180128112454j:plain

チェックインは午前11時で、私たちは時間通り11時からランドロックを設営し始めました。設営が終わると当然腹ペコです。さぁて、お待ちかねのランチタァーイム。

 

…お昼ご飯はつくね、焼き鳥を食べました。つくねは生協で買った冷凍モノです。家ではオーブンで温めて食べるわけですが、このように外で焚き火台で食べると味が全然違うんですね。キャンプ最高♪

 

 

f:id:hohyo:20180128112442j:plain

結構風が強かったです。寝ている時も風でヘキサタープとランドロックの連結部分が当たって、バタバタバタッと音がするんです(うるさくて何度か目が覚めた)。

 

今度は風の影響をあまり受けないCサイトにしようと、思うのでありました。

 

 

f:id:hohyo:20180128112528j:plain

売店でアイスのピノを食べています。キャンプ場に来る前にもアイスを食べたこともあり、「お母さんにピノ食べたの内緒にしてね」と子供に言われました。

 

しかしテントに戻ってみると子供の口の周りにはアイスのチョコがべったりついており、売店でアイスを食べてきたのがバレバレでした。あるあるですね。

 

 

f:id:hohyo:20180128112531j:plain

さて夕食の準備にかかりましょう。

 

写真にもある通り、この時はチャコスタ、いわゆる火おこしに使うチャコールスターターをまだ持っていませんでした。代わりにこのように炭を煙突状にして、その中に着火剤を入れて火をおこしていました。

 

後にチャコスタを購入し、実際にチャコスタで火をおこしてみるとそりゃもう速いのなんの。嫁の忠告通りにしていればもっと速く楽に火をおこせていたのです。

 

f:id:hohyo:20180128112535j:plain

実は嫁にチャコスタのほうが絶対楽だと言われてはいたのですが、頑固にチャコスタを使わなかったのには理由がありました。

 

チャコスタを使わないで火をおこすやり方をYouTubeの動画で見てしまったためです。「おお、こりゃすげぇ」と一人で興奮してしまい、早速真似しようと思ったわけです。道具なんて可能な限り少ないほうがいいに決まってる、なんて思ってたんですね。

 

それからキャンプを初めて間もない頃は、写真中央に見える「エコココロゴス」をよく使っていました。これはすぐに火がつくのでとても重宝してました。着火剤と炭の両方を兼ね備えたという感じですね。特にソロキャンプとか、ほんのちょっとだけ炭を使いたいという時にはいいですよね。

 

f:id:hohyo:20180128112538j:plain

炭に火が通ったので夕ご飯です。お腹すいたー。

 

 

f:id:hohyo:20180128112541j:plain

ご飯の上にうなぎをのせて食べました。うまうまでした。

 

 

f:id:hohyo:20180128112546j:plain

Aサイトは食器をテント近くですぐに洗えるのは本当に助かります。夕ご飯の後片付けをした後は、焚き火タイムです。

 

…焚き火を楽しみ、マシュマロとチョコレートをクラッカーで挟んでスモアを食べました。そしてコーヒーも飲み、(騒がないで)好き勝手して夜を過ごしました。楽しいな~。

 

そうそう、お風呂は今日は入りませんでした。でもここ「大石オートキャンプ村」は温水シャワーがあります。3分100円です。それか、少し車を走らせれば温泉もあります。「大石オートキャンプ場」を利用すると近くの「道の駅関川」の中にある「桂の関温泉ゆ~む」の無料チケットがもらえます(1家族ではなく1人のみですけど)。

 

また他にもここは「関川温泉郷」と言われるくらい多くの温泉地(雲母温泉 など)がありますよ♪

 

…と、ここまで言っておいて温泉にも入りませんでした。汗をさほどかかなかったので。またの機会にしましょう。

 

それではおやすみなさい… いい夢を。

 

 

 

 

朝は快晴 

f:id:hohyo:20180128112421j:plain

おはようございます。朝食です。今回はスノーピークのコロダッチオーバルで、嫁がパンを作ってくれました。

 

 

f:id:hohyo:20180128112426j:plain

いい感じに出来上がりました。

 

 

f:id:hohyo:20180128112429j:plain

嫁が作った料理に子供も大満足だった様子です。

 

さてご飯を食べたら撤収の準備にとりかかります。ここはチェックアウトが10時とちと早めの設定ですので。

 

 

 

 

…と、いいつつも外はポカポカでとても気持ちよく、10時に帰るのはもったいないとデイキャンプで延長しました。そんなわけで朝食を済ませた後はみんなでのんびりして、ゆっくりと過ごしました。

 

今回も楽しいキャンプでした。

 

 

 

 

大石オートキャンプ村について

さてここ大石オートキャンプ村はABCの3つのサイトに別れます。フリーサイトはありません。サイト数は計50サイトです。

 

Aサイト 5,200円 炊事棟トイレ電源付

Bサイト 4,200円 水道電源付

Cサイト 3,100円 サイトのみ

 

 

f:id:hohyo:20180128112515j:plain

写真はCサイト前の共同炊事棟とトイレです。トイレの入口は網が被されており、虫の侵入を防いでくれます。このような共同炊事棟が計3つあります。

 

 

f:id:hohyo:20180128112518j:plain

水道電源付のBサイトの様子です。写真奥がCサイトです。

 

 

f:id:hohyo:20180128112521j:plain

写真手前がBサイトで、写真奥に個別の炊事棟がありますがそこがAサイトです。

 

設備がとても綺麗なキャンプ場ですので、特に女性の方向けですね。また見晴らしが一番いいのがAサイトですが、Bサイトでも場所によってはAサイトに負けないほど見晴らしがよく快適な場所もあります。

 

そういえば今回私たちはAサイトを利用しましたが、電源を一度も使いませんでした。何だかもったいない感じです。何はともあれ、また来たいキャンプ場が増えました。お世話になりました。

 

 

 

あわせて見てね 

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com