ほひょの旅

旅行温泉キャンプ大好き新潟県民

スポンサーリンク

福島県 「大内宿」

  2007年1月8日。

 

f:id:hohyo:20170913175913j:plain

 朝10時に東山温泉「向瀧」を出発。千石通りを抜けて国道118号を南下。途中から県道329号に入り、約50分ほどで「大内宿」に到着しました。途中横転している車があったりと、ものすごい雪でしたがなんとかたどり着けました。 

www.hohyoblog.com

 

f:id:hohyo:20170913175918j:plain

 …「大内宿」はもっと雪がすごいのね。ぶーぶー言ってる写真の嫁さんを何とか引っ張り、駐車場から「大内宿」に歩いていきました。

 

f:id:hohyo:20170913180728j:plain

 もう雪で何が何だかわかりません。こには以前にも来た事がありますが、その時は夏だったような気がします。ここ「大内宿」はすぐ近くにある「塔のへつり」とセットに観光される方が多いようですね。私達もそうでした。

 

f:id:hohyo:20170913180653j:plain

 さてこの「大内宿」は、江戸時代は宿場町として栄えた場所。城下町会津若松と日光今市を結ぶ会津西街道にあり、参勤交代の大名行列も通ったそうです。30軒ほどの茅葺屋根の民家が写真のように並んでいます。

 

f:id:hohyo:20170913175933j:plain

 ここは明治になって日光街道が出来てからはここを通行する人が激減したため、過疎化した山村ではありましたが、1981年に国の重要伝統的建造物群保存地区にもなったことから、今では人気の観光スポットとなっております。

 

f:id:hohyo:20170913175939j:plain

 お店はほとんどが営業していませんでした。こんな大雪なら引きこもりたくもなります。が、私達は営業していた数少ないお店の中で、民宿の大和屋に入って「ねぎそば」を食べました。

 

f:id:hohyo:20170913175948j:plain

 ど~ん。

 写真のように出てきます。す、すごいねぎそばだ。これで900円です。ながねぎにそばをからませて食べるのですが、その際にねぎも一緒に食べます。

 

f:id:hohyo:20170913175951j:plain

 そして食べ終わった様子がこれ。さすがにねぎ一本は食べられませんでした。そしてこの時ほどお箸は偉大だと感じたことはありませんでした。でもお店の人に聞いたらこれを全部食べる人もいるそうです。ねぎを全部食べれたらねぎそばの代金を値切ることが出来たりして。

 …面白くないですね。

 

f:id:hohyo:20170913180842j:plain

 …帰りましょう。私たちは茅葺屋根ではなく、大雪とねぎそばの為だけに来たのですね。

 

f:id:hohyo:20170913175909j:plain

 大内宿で1時間ほど観光した後、少し早いですが私達は新潟に戻ることにしました。新潟に向かうにつれて雪は少なくなり、新津に入った時には写真のように雪はまるでありませんでした。

 今回の旅行は少し移動時間が多かったような気がします。そこが少し反省点かな。それでも十分に楽しめました。

 

スポンサーリンク