ほひょの旅

旅行温泉キャンプ大好き新潟県民

空気に触れるとエメラルドグリーンに変わる温泉 咲花温泉「一水荘」

2006年7月30日。新潟県五泉市。
 

阿賀野川沿いの咲花温泉

国道49号線を新潟市方面から福島方面へ走らせ、途中国道290号線に入って馬下(まおろし)橋を渡ると咲花温泉が見えてきます。

 
この咲花温泉は日本百景の阿賀野川ラインのほとりに位置することもあり景色は抜群。またSLが走ることでも有名な磐越西線の駅もあります(咲花駅)。
 
 

エメラルド色の温泉

f:id:hohyo:20171206114057j:plain

今回お世話になった「一水荘」の温泉は写真の内風呂のみで、露天風呂はありません(2006年)。温泉は空気に触れると無色透明だったのがエメラルドグリーンに変わる硫黄臭のあるもの。お肌もつるつるになります。

 

それとちょっとわかりにくいかもしれませんが、男風呂の更衣室のすぐ脇に線路が走っております。電車から丸見えです。電車から見えますかね。見えたことのあるかた、是非お知らせください。気になります。

 

 

一水荘の食事

f:id:hohyo:20171206114039j:plain

そしていよいよお昼の食事です。右写真は「鯵(あじ)南蛮漬け」。トマトドレッシングが美味しかったです。

 

 

f:id:hohyo:20171206114042j:plain

「胡麻豆腐」、「鮎(あゆ)素麺」です。

 

 

f:id:hohyo:20171206114046j:plain

「ひょうたん盛り」。全部が氷でお刺身がとても冷たく美味しかったです。そして

「冬瓜(とうがん)そば餅」。

 

 

f:id:hohyo:20171206114050j:plain

「いか素麺」、「馬鈴薯包み揚げ」。

 

 

f:id:hohyo:20171206114054j:plain

「お茶漬け」、「デザート」。スイカシャーベットうまかった。

 

この「一水荘」には4年以上前にも来た事がありますが、当時の料理よりも今回はとても美味しく感じました。料理長が変わったのかなと思い尋ねてみたら、3年ほど前に新しい料理長になったとのことです。機会があればまた来てみたいなと思うのでありました。