ほひょの旅

旅行温泉キャンプ大好き新潟県民

スポンサーリンク

新潟せんべい王国でせんべいの「手焼体験」を楽しみました

2009年2月27日。新潟県新潟市。

 

新潟県は米菓生産全国1位

f:id:hohyo:20171119160325j:plain

新新バイパス「濁川(にごりかわ)IC」を降り、一つ目の信号を右折してしばらくすると、右側に「新潟せんべい王国」が見えてきます。

 

新潟県はお米の産地だけあって米菓生産全国1位全国の年間生産量の約50%を占めています。せんべい王国という名にふさわしいですね♪

 

それから右写真が会社の敷地内にある「ばかうけ稲荷」。「ばかうけ」とはこの「新潟せんべい王国」を運営している「栗山米菓」の商品名です。鳥居の両脇にあるキャラクターは、「ばかうけ」の「バリン」と「ボリン」だそうです。

 

 

何故かお酒も売ってる

f:id:hohyo:20171119160328j:plain

建物に入ると、このようにたくさんのせんべいが売られています。でも何故かお酒も売ってます。せんべいとお酒は合わない気がしますが、これは新潟県が酒処でもあるからでしょうか。

 

 

f:id:hohyo:20171119160332j:plain

人気の「せんべいソフト(400円)」を食べてみました。普通ならパフェなど下のほうはコーンフレークがあるわけですが、「せんべいソフト」はせんべいが入ってます。ソフトクリームにかかっているシロップも、醤油団子のタレのような感じです。

 

また右写真が非常に美味しい「ぬれ鬼コロッケ(150円)」。コロッケの中に「ぬれ鬼」というお菓子が入っているのですが、これは「おかき」がやわらかくなったものです。食べてみる価値アリです!

 

 

せんべい「手焼体験」

f:id:hohyo:20171119160310j:plain

そして私達はせんべいの「手焼体験」が出来る建物へと移動しました。

 

 

f:id:hohyo:20171119160318j:plain

写真のように400円で6枚のせんべいの手焼を体験できます。休日だと20分待ちになるくらいに大盛況らしいです。今日は平日だったので余裕でした。

 

せんべいを焼く時の温度が400℃もの高温らしいです。5秒たったら裏返しにすることをうんせうんせと繰り返し、色がついたら出来上がりです。

 

そして今回はプラス500円で右写真の「チョコフォンデュ」をお願いしました。手焼のせんべいにチョコをつけて食べるのですが… うーん微妙。

 

 

f:id:hohyo:20171119160321j:plain

写真のように実際にせんべいを焼いているところを見学も出来ます。 …窓越しですけどね。 

 

せんべい好きな人でなくても、楽しい場所だと… 思います。