ほひょの旅

旅行温泉キャンプ大好き新潟県民

スポンサーリンク

岐阜県 世界遺産白川郷「和田家~荻町城跡展望台」

 2006年9月6日。

 いよいよ岐阜県2泊3日の旅行初日がやってきました。朝8時に自宅を出発し、ひたすら北陸自動車道を走りました。

 問題は天気。予報では雨が降るかもしれないとのことだったのです。 …そして、富山県に入ってから雨が降ってきました。先日の蓼科に続いてまた雨かっ!

 ため息まじりのまま、私達は小矢部砺波(おやべとなみ)JCTから東海北陸自動車道に入り、白川郷ICを下りるのでした。11時45分のことです。

 

f:id:hohyo:20170828214949j:plain

 白川郷ICから国道156号を走ると…まるで別世界のような空間が広がっていました。世界遺産白川郷に到着です。

f:id:hohyo:20170828214955j:plain

 一日500円の駐車場に車をとめ、まずは写真の重要文化財「和田家」へ行くことにしました。見学料は300円です。

f:id:hohyo:20170828215001j:plain

 ここは江戸後期の建築で庄屋や番所役人を務めた家柄だそうです。明治の市町村制交付の際には、初代白川村村長にもなったそうです。

f:id:hohyo:20170828215009j:plain

 合掌造りとは、茅葺(かやぶき)屋根が掌(てのひら)を合わせたように山形になった建築のこと。屋根の傾斜は積もった雪が滑り落ちやすいように約60度と急で、鉄製の釘は1本も使わずに縄やねそ(マンサク)と呼ばれる柔軟性のある木で締めるそうです。

 

f:id:hohyo:20170828225543j:plain

 驚いたのは、これが年月を重ねるとともに強度を増していくということ。またここには今現在も人が住んでいるということも驚きです。

 

f:id:hohyo:20170828215028j:plain

 また屋根は30年に一度の割合で葺き替えるそうです。

 

f:id:hohyo:20170828225504j:plain

 和田家から徒歩で15分かけて「荻町(おぎまち)城跡展望台」にやってきました。車でここに最初に来るべきでした。嫁にぶーぶー言われてしまいました。

 

f:id:hohyo:20170828215040j:plain

 ともかく、ここから見る白川郷の景色は素晴らしいの一言。タイムスリップしたようですね。

 

f:id:hohyo:20170828215044j:plain

 写真は「白川郷の湯」。私達はここへは行きませんでした。

 

f:id:hohyo:20170828215051j:plain

 売店とかも合掌造りです。白川郷はすごい!

 

f:id:hohyo:20170828215055j:plain

 それにしても初めて白川郷に来たのに雨とはひどすぎる。

 

f:id:hohyo:20170828215103j:plain

 

f:id:hohyo:20170828215117j:plain

 「神田家」です。こちらも300円で中を見ることが出来ますが、私達はここには行きませんでした。

 

f:id:hohyo:20170828215127j:plain

 

f:id:hohyo:20170828214945j:plain

 ここは… 何かの会社のようです。シブい…

 

 

関連記事

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

スポンサーリンク