ほひょの旅

旅行温泉キャンプ大好き新潟県民

スポンサーリンク

長野県 ピラタス蓼科ロープウェイ

 2006年8月27日。

f:id:hohyo:20170826084042j:plain

 「イングリッシュガーデン」を後にし、さらにビーナスラインを走り「ピラタス蓼科ロープウェイ(北八ヶ岳ロープウエイ)」に到着。駐車場が広いのと無料なのにはびっくりしました。とても良心的だと思います。 

www.hohyoblog.com

 

f:id:hohyo:20170826084045j:plain

 ロープウェイ乗り場です。さすが日曜日ということもあって混んでいます。ちなみにここの乗車券を持ってイングリッシュガーデンに行くと入園料が100円引きになります。私達の見る順序が逆でしたが、これは仕方ありませんね。

 

f:id:hohyo:20170826085044j:plain

 そしてこのロープウェイで、山麓駅から写真の山頂まで7分で到着します。料金は往復1,800円。標高差466メートルで山頂駅の標高は2237メートルなのです。

 

f:id:hohyo:20170826084033j:plain

 山頂に到着です。霧がかかったり晴れたり天気が目まぐるしく変化していますが、ここから約一周30分程度の「坪庭」を散策します。

 

f:id:hohyo:20170826084057j:plain

 コースは時計回りの一方通行です。

 

f:id:hohyo:20170826084100j:plain

 この「坪庭」は八ヶ岳最後の噴火で出来た溶岩台地。岩石がむきだしの土地に長い年月をかけて高山植物が少しずつ回復しつつある状態なのだそうです。

 

f:id:hohyo:20170826084105j:plain

 ちょっとわかりづらいかもしれませんが、写真の山奥の斜面を見ると、「縞枯(しまかれ)現象」と呼ばれる、帯状に枯れた針葉樹林が山の斜面を覆ってます。どうしてこのようになるかはまだよくわかってないそうです。

 

f:id:hohyo:20170826085340j:plain

 縞枯現象は年々場所を少しずつ移動しているそうで大変珍しいものだそうですが、今回は霧がかかっていてよく見れませんでした。

 

f:id:hohyo:20170826084116j:plain

 

f:id:hohyo:20170826084038j:plain

 この「坪庭」散策は30分程度ですが、ここを起点に他にも様々なトレッキングコースがあります。

 

f:id:hohyo:20170826084127j:plain

 私達は時間の都合上「坪庭」散策だけで終わりましたが、ちょっと足をのばして雨池や白駒池などを見るのもいいかもしれませんね。

 

f:id:hohyo:20170826084136j:plain

 もちろん「坪庭」だけでも十分楽しめますよ♪

 

 f:id:hohyo:20170826085226j:plain

 標高が2237メートルということもあり、真夏でも気温が20℃前後。山麓駅では長袖の服を着たほうがいいとありましたが、半袖でも問題ありませんでした。真夏ですからね。とても涼しく快適でした。

 

f:id:hohyo:20170826084120j:plain

 

f:id:hohyo:20170826084030j:plain

 ただ、ロープウェイから南アルプス・中央アルプス・北アルプスの「日本三大アルプス」を見れるはずが霧で何も見えなかったのが非常に残念。ロープウェイの中はそんなため息ばかりが聞こえてきました。

 

スポンサーリンク