ほひょの旅

旅行温泉キャンプ大好き新潟県民

スポンサーリンク

下駄を履くと願いが叶う「吉祥山東光寺」そして「本陣等々力家」

2008年8月1日。長野県安曇野市。

 

吉祥山東光寺

f:id:hohyo:20171120210441j:plain

「穂高神社」から「大王わさび農園」に向かう道沿いに「吉祥山東光寺」があります。写真の朱塗りの大下駄をご覧ください。これは「仁王様の下駄」であり、この下駄を履けば願い事が叶うそうです。私は両方の下駄にまたがりました。

 

また右写真の建物の中には室町時代の作といわれる「薬師如来像」があります。

 

 

f:id:hohyo:20171120210143j:plain

小さい場所ですが、お庭も綺麗で素敵です♪

 

 

f:id:hohyo:20171120210146j:plain

ここでお参りをして…

 

 

f:id:hohyo:20171120210150j:plain

本堂の裏に回ると一人100円で戒壇めぐりが出来ます。写真の入口から入っていき、真っ暗な地下道を本尊の真下まで進むとがあり、これを触るとこれまた願いが叶うとか。何だか長野の善光寺みたいです。

 

下駄にもまたがったし本尊の真下の鍵も触ったので、これで私の願いは完全に叶うはずです。

 

 

本陣等々力家

f:id:hohyo:20171121230638j:plain

「吉祥山東光寺」からすぐのところに「本陣等々力家(とどりきけ)」があります。道の脇には右写真のように水わさびが栽培されていました。

 

 

f:id:hohyo:20171121230645j:plain

庭は「等々力庭園」といい、江戸中期前後のものだそうです。とても貴重なのだとか。

 

 

f:id:hohyo:20171121230651j:plain

入口を抜けるとまず圧倒されるのが左写真の「門かぶりの松」。赤松でその後ろは右写真のようになっています。二つに枝分かれしてそれが左写真のように伸びているんですね。見事。

 

 

f:id:hohyo:20171121230701j:plain

建物の中の模様。江戸時代ここ一帯は松本藩の鮭・鴨の狩猟場であり、「本陣等々力家」は殿様が狩猟の際に休憩した場所なのです。

 

 

f:id:hohyo:20171121230708j:plain

等々力家は1400年、「信濃国守護小笠原長秀」に対する「大文字一揆」において仁科の一党として現れたのが最初。その後は仁科氏→武田信玄→小笠原氏と従ったそうです。結構歴史が古いのですね。

 

 

f:id:hohyo:20171121230715j:plain

右写真は一揆の際に受けた傷とのこと。これも見どころの一つです。

 

 

 

関連記事も見てね

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com