ほひょの旅

旅行温泉キャンプ大好き新潟県民

スポンサーリンク

新潟県 角神温泉「ホテル角神(つのがみ)」

 2006年2月22日。
 
 阿賀町を国道49号線で走り、途中「津川インター入口」で国道459号線に入ります。磐越自動車道であれば津川ICを下りてそのまま直進すると459号線に出ます。

 角神温泉に向かう途中には私たちがよく行った麒麟山(きりんざん)温泉もあります。そこを過ぎ、国道459号線をひたすら北へ向かっていくと、角神温泉に到着するのです。
 

f:id:hohyo:20170818233156j:plain

 「ホテル角神」に到着するやいなや、私たちは貸切野天風呂「荒戸の湯」へ向かいました。ここは40分間無料です。ホテルから出て写真の道をしばらく歩いていくと…

 

f:id:hohyo:20170818233200j:plain

 写真の「荒戸の湯」に到着します。ここは「一ノ湯」と「二ノ湯」があるのですが、源泉がそれほど熱くはないので冬季は温度を保つ為に「二ノ湯」のみの開放となっております。

 

f:id:hohyo:20170818233203j:plain

 温泉は鉱泥の為に茶褐色。温泉の底に手をついたり座ったりすると手やお尻が茶色くなってしまうほど。ぬるいので時間たっぷり入っていることができます。ぬるめの温泉が好きな人にはお勧めです。

 

f:id:hohyo:20170818233211j:plain

 今回は茶褐色の温泉目当てに来たわけですが、嬉しい大誤算だったのが昼食。6,300円の食事付日帰り温泉、最高でした。食事が非常に美味しかったです。

 

f:id:hohyo:20170818233148j:plain

 出されるどの料理も凝っていて美味しい! 料理を食べて感動したのは久しぶり。去年の7月に行った長野の「よろづや」以来の感動でした。

 

f:id:hohyo:20170818233153j:plain

 写真は男性専用露天風呂「阿賀の湯」。貸切露天風呂と同じ源泉です。露天風呂からは阿賀野川が何とか見れるのですが、嫁さんに聞いたところ、女性専用露天風呂「阿賀の湯」のほうは阿賀野川がしっかりと見れて景色が素晴らしいと言ってました。

 料理がとても美味しかった「ホテル角神」、4月下旬には桜がとてもきれいに咲くとのことなので、是非またその時期にでも訪れたいものです。

 

スポンサーリンク