ほひょの旅

旅行温泉キャンプ大好き新潟県民

スポンサーリンク

新潟県 角神温泉「ホテル角神」

2006年4月25日。

f:id:hohyo:20170819102655j:plain

 写真はホテルに行く途中に寄った「角神橋」。つり橋ですが、うんちがたくさんありました。

 

f:id:hohyo:20170819102700j:plain

 後でホテルの方に聞いたら、野猿のうんちだそうです。たくさんあってびっくりしました。

 

f:id:hohyo:20170819102703j:plain

 

f:id:hohyo:20170819102710j:plain

 写真はホテル角神の入口。今年2回目です。雨上がりでちょっと暗いですが、桜がとてもきれいです。 

www.hohyoblog.com

 

f:id:hohyo:20170819102713j:plain

 写真はホテルの部屋から撮った阿賀野川の写真。眺めが素晴らしい♪

 

f:id:hohyo:20170819102718j:plain

 そして温泉ですが、前回入らなかった別館の「山の湯」を利用することにしました。そのためには本館と別館をつなぐこの地下道を通らなくてはいけません。

 

f:id:hohyo:20170819102722j:plain

 別館の温泉「山の湯」です。露天風呂はありません。ここでは写真のようにガラス越しにではありますが、桜を見ながら温泉に浸ることができます。

 

f:id:hohyo:20170819102727j:plain

 今回は日帰り客が結構多くてびっくりしたのですが、さすがに別館まで来て温泉に入ろうとする方が少なかったらしく、男湯は私ずっと一人でした。

 

f:id:hohyo:20170819102730j:plain

 そして昼食を済ませた後、私たちは前回も利用した貸しきり野天風呂「荒戸の湯」に向かいました。写真の道を歩いていくと、野天風呂が見えてきます。

 

f:id:hohyo:20170819102733j:plain

 前回は結構雪があったので今回は全然風景が違うように感じられます。

 

f:id:hohyo:20170819102637j:plain

 ここは「一ノ湯」「二ノ湯」がありますが、今回も「二ノ湯」しか使えません。もう少し暖かくなってくると「一ノ湯」も利用できるようです。

 

f:id:hohyo:20170819102640j:plain

 さてこの貸切野天風呂、無料で40分のみ利用できるわけですが、フロントで野天風呂の鍵と右写真の時計を渡されます。

 

f:id:hohyo:20170819102644j:plain

 ここの温泉のお湯はぬるく、いわゆる半身浴は寒くて出来ません。首までドップリ浸からないと寒くて風邪を引いてしまいます。

 

f:id:hohyo:20170819102647j:plain

 この温泉も写真のように桜を見ながら入ることが出来ます。お湯に桜の花びらが浮いているのがとても風流です。

 

f:id:hohyo:20170819102652j:plain
 ここへ来るのは今回で2度目だったわけですが、料理も美味しく桜もきれいで本当によかったです。

 

スポンサーリンク