ほひょの旅

旅行温泉キャンプ大好き新潟県民

スポンサーリンク

新潟県  「直江兼続公伝世館~浦佐毘沙門堂」

2009年4月19日。

 

 

f:id:hohyo:20170908085900j:plain

坂戸城跡にも行きたかったのですが今回はパス。機会があれば是非。

 

 

 

 

直江兼続公伝世館

f:id:hohyo:20170908085843j:plain

「坂戸城跡」近くにある「直江兼続公伝世館」にやってきました。

 

 

f:id:hohyo:20170908085847j:plain

建物に入るとまず目に入ってくるのが写真の甲冑レプリカ。上杉軍の中で最強と言われた「上田長尾氏家臣団」より選ばれた精鋭50人の「上田五十騎」の甲冑です。

 

 

f:id:hohyo:20170908085853j:plain

またここには「直江兼続」が「上杉景勝」に代わって「徳川家康」にあてて書いた書簡「直江状」が展示されています。

 

 

f:id:hohyo:20170908085856j:plain

ちなみにこの有名な「直江状」の原本は今現在残っておらず、ここに展示されているのも後世の写しだそうです。

 

 

f:id:hohyo:20170908085905j:plain

 

 

f:id:hohyo:20170908085752j:plain

「直江兼続公伝世館」を後にし、「六日町駅」のすぐ目の前にある「愛・天地人博南魚沼」に行きました。残念ながら館内は写真撮影不可でしたが、甲冑をまとった記念撮影コーナーがあったり、大河ドラマロケの模様や、出演者の紹介とその衣裳なども展示されていました。

 

 

個人的には「北斗の拳」や「花の慶次」の絵を描いた漫画家の「原哲夫」のパネル展示や、お土産ゾーンが面白かったです♪

 

 

 

 

浦佐毘沙門堂

f:id:hohyo:20170908085840j:plain

本日最後となる「浦佐毘沙門堂」にやってきました。「上越新幹線浦佐駅」の裏にあります。今から約1200年前の807年(大同2年)、征夷大将軍「坂上田村麻呂」が東征の折に国家鎮護を記念して創建したのが始まりです。

 

 

f:id:hohyo:20170908085755j:plain

「上杉謙信公」は自身を「毘沙門天」の生まれ変わりと信じていたこともあり、「上杉謙信」「上杉景勝」そして「直江兼続」ゆかりの寺としても有名です。

 

 

f:id:hohyo:20170908085800j:plain

「山門(仁王門)」です。この「山門」の天井には…

 

 

f:id:hohyo:20170908085829j:plain

写真の「双龍図板絵」があります。2枚あって私は1枚しか写真に撮りませんでした。

 

 

f:id:hohyo:20170908085825j:plain

「山門」から奥に向かっていくと…

 

 

f:id:hohyo:20170908085813j:plain

写真の「不動明王」が安置されています。石像仏としては日本最大だそうです。

 

 

f:id:hohyo:20170908085809j:plain

内陣参拝と「寺宝館」にも入りたかったのですが、今日はガイドの方がお休み?とかで見ることが出来ませんでした。とても残念ですが、国道17号線からも近くてアクセスも比較的いいのでまた来てみたいと思います。

 

 

f:id:hohyo:20170908085817j:plain

 

 

f:id:hohyo:20170908085836j:plain

またここでは全国三大奇祭の一つである「裸押し合い祭り」が3月3日に行われます。是非見てみたいですね。

 

 

f:id:hohyo:20170908085805j:plain

 

 

f:id:hohyo:20170908085821j:plain

「樺沢城跡」や「坂戸城跡」などの史跡が見れなかったのは残念ですし、家に戻ってみて「あ~ここも行けばよかった」と思った場所もありましたが、新潟県内にもこのように素晴らしい場所があるんだということがわかり、とても素晴らしい体験をしました。

 

 

直江兼続ゆかりの与板城なども行ってみたいです。そして山形県の米沢市にもまた行きたくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

スポンサーリンク