ほひょの旅

旅行温泉キャンプ大好き新潟県民

スポンサーリンク

景色抜群!温泉最高!の「八木ヶ鼻オートキャンプ場」で眠れぬ夜を過ごす

土日は予約がなかなか取れない八木ヶ鼻オートキャンプ場

f:id:hohyo:20171018083556j:plain

新潟県三条市(旧下田村)の八木ヶ鼻オートキャンプ場。スノーピークヘッドクォーターズからも近いのでご存知の方も多いと思います。

 

 

f:id:hohyo:20171026220953j:plain

ここはオートキャンプサイトのみで10区画と小規模のサイト。特筆すべきは全て電源付きで1泊2,000円と格安なところです。

 

 

f:id:hohyo:20171026221429j:plain

これが電源。加えてこれが区画の境目となります。コードを差し込むところが2箇所あるので2区画で分け合う形となり、普通に仲良く使えばトラブルにはならないはず…

 

 

f:id:hohyo:20171026221143j:plain

チェックインは12時でアウトが12時です。



f:id:hohyo:20171026221637j:plain

さらに「いい湯らてい」という温泉が隣接しており、八木ヶ鼻を眼前に川のせせらぎも聞こえる、景色抜群、立地抜群なのが人気の理由かな。土日となるとなかなか予約が取れない様子。

 

 

f:id:hohyo:20171026221706j:plain

またコテージが2棟あります。非常に綺麗な建物で1泊12,000円です。景色抜群だ~。

 

 

f:id:hohyo:20171018083715j:plain

こちらはキャンプ場側から撮った写真。川の水は少ないので、川でも遊ぶことが出来ます。子供が喜びます。

 

 

f:id:hohyo:20171018084053j:plain

キャンプ場のすぐ脇にはこのように旧国道289号線が走ってます。ですがほとんど車は走らないので車の音がうるさいということは滅多にないです。むしろうるさいのは人のほうかも。

 

 

f:id:hohyo:20171026221339j:plain

ここは小さいキャンプ場なのでトイレも炊事場も1つずつしかありませんが、どちらもとても清潔です。女性の方には安心して利用できる素敵なキャンプ場です。芝生も綺麗でペグもいい感じに刺さってくれます。

 

そうそう、ゴミはキャンプ場の楽しい思い出と一緒にお持ち帰りです。夏は匂い対策を怠らずに。

 

あと冬は閉まっちゃいます。雪がてんこ盛りに降るので。冬はスノーピークに行くぞ~。

 

 

 

 

キャンプ場隣接温泉施設「いい湯らてい」

f:id:hohyo:20171018083635j:plain

「八木ヶ鼻オートキャンプ場」の魅力の一つに、隣接する温泉施設「いい湯らてい」の存在があります。写真はキャンプ場側から見た「いい湯らてい」。つり橋を渡って行きます。

 

 

f:id:hohyo:20171026221218j:plain

料金は大人1人バスタオルフェイスタオル付きで850円(子供600円)。夕方5時以降は650円(子供400円)と安くなるのでお得。さらに八木ヶ鼻オートキャンプ場利用者は、キャンプ受付時にもらえる割引券でさらに100円安くなります。

 

 

f:id:hohyo:20171105224744j:plain

写真は食事処の「はくちょう」。家族で気軽に入れる場所ですね。それと、イタリアンレストランの「ゴッツォ・ラーテ」があります。

 

 

f:id:hohyo:20171105224740j:plain

私たちはどちらでも食べたことがありますが、私はイタリアンレストランがお薦め。地元の食材をふんだんに使った料理です。

 

なおこの「ゴッツォ・ラーテ」とは、、「ごちそうだよ」の「ごっつぉらて」という方言からだと思います。三条市出身の私も祖父祖母からよくこの方言を聞きました。

 

「いい湯らてい」の「らて」も方言からですね。

 

ここ三条の方言は、「ら」と「ろ」を多用します。私も普段使う言葉は「ら」と「ろ」が多いかな。

 

「ああそうなの?」→「ああそうらの?」「そんのら?」

「そうだね~」→「そうらね~」

 

と、こんな感じなのです。

 

 

八木ヶ鼻オートキャンプ場での出来事

初めてグループキャンパーの洗礼を受ける

2017年6月17日。ここ八木ヶ鼻オートキャンプ場で私達が体験したことについて。

 

よくキャンプをしている人達から「グルキャンの連中には気をつけろよ~」なんてことを言われてました。

 

当然ですが、グループキャンパー全員が悪いなんてことは決してありません。「気をつけろ」だなんて言いすぎだろ~偏見だろ~と思ってましたが、今回だけはそのように言う人達のことがわかったような気がします…

 

3組の家族キャンパーでした。普段は決して頭の悪い人達ではないとは思うのですが、子供達、さすがににぎやか過ぎたかな。あれが私の子供だったら間違いなく叱ってましたし、そもそもあそこまで馬鹿騒ぎさせません。

 

子供同士集まれば楽しいです。ただ泣き声はもの凄かったし朝は5時から大声出して騒いでましたしかなりやり過ぎ、放任し過ぎでしたね。叱っている様子は全くありませんでした。それとも私、大人げないかな〜。

 

 

夜はうるさくて12時過ぎまで眠れなかった

この日の夜が本当に苦痛でした。シーズン中の土日キャンプってこんなものなのかな。

 

車のドアをバタンバタンと閉める音がひどかったです。普通夜中なら遠慮すると思うのですが… ただこれをしたのが、グループキャンプの人達なのかは定かではありません。

 

さらに夜遅くまであちこちから結構な大きさでテント内の会話が聞こえてきました。ランタンも夜の大サーカスでも始まるのか? みたいに煌々と輝いてました。

 

もしかしたら、みんなやってるから私たちもやっちゃえ的な感じだったのかも。だとしたら一番悪いときに来てしまったか…

 

 

ここは土日回避が無難と判断

…結論として、私たちにとってこのような狭いキャンプ場は間違いなく土日に来るものではないと痛感。嫁と笑いながら「土日はここには二度と来ないわ」と言い放つ始末。

 

と同時に、そもそもキャンプに求めているものが私達と彼らでは違うんだろうことも実感しました。そりゃそうですよね。私は静かなキャンプが好きなんですが、騒ぐのが好きな人もいるでしょう。

 

静かにしたい人からすれば、「うるさくしたいんなら居酒屋に行ってね」なんて言うかもしれませんし、騒ぎたい人からすれば、「静かなのが好きなら山奥の人知れぬところでテント張ればいいじゃん」となるかもしれません。

 

私個人の要望としては、土日のサイト利用料のみ値上げして、土日だけでも管理人さんが常駐してくれればいいのだけども。そして夜の10時を過ぎてやかましかったら問答無用で注意するようにしてほしい。

 

…勝手なことばかり言ってますね。

 

 

山菜を売りに来た軽トラ

ここでキャンプしてたら山菜のわらびを売りに来た方がいました。サイトの管理人さんがいなくなった後でした。ひと束100円だったので購入して食べましたが、正直なところびっくりするほどアクが抜けてなく苦かったです。すみません、残してしまいました…

 

 

平日キャンプが羨ましかった

f:id:hohyo:20171020231220j:plain

そして翌日、12時のチェックアウトに合わせて殆どのテントが撤収される中、私たちはいつものようにデイキャンプをプラスして延長。

 

…ものすごく静かで、やっと、やっとのんびり出来ました。あのグループキャンパーがいなくなった時は「ああやっと消えてくれた」と思いましたから。やっぱりここは絶対平日じゃなきゃ駄目だと、つくづく思いました。

 

普通に穏やかにテント泊出来れば、ここは最高のキャンプ場です。

 

 

f:id:hohyo:20171026224244j:plain

私達が撤収した後、日曜月曜の1泊キャンプに来た人達が本当に羨ましかった… それから写真の駐車場の周りを芝生が囲んでいますが、土日となるとここにタープを張ってデイキャンプする人達もいます。

  

 

関連記事も見てね

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

www.hohyoblog.com

スポンサーリンク